【もう挫折しない!】ダイエット中のモチベーションを維持する考え方5つ

【もう挫折しない!】ダイエット中のモチベーションを維持する考え方5つ

理想の体重まで減らすには、時間がかかるダイエット。長期戦になればなるほど、ダイエットから挫折したくなる気持ちが出てきますよね。そこで、ダイエットから挫折しそうになった時に、効果的なダイエットのモチベーションをあげる考え方を管理栄養士が紹介したいと思います。

今の状態では、「まずい」と思いましょう

現状の確認

現状の自分の体重や姿に不満を抱いたのがきかっけで、ダイエットを始めたいと思った方が多いと思います。そこで、ダイエット中は、その今の状態が自分にとって「まずい」と思うことで、ダイエットを挫折しにくくしてくれます。

例えば、ダイエットをやめたくなった時に、もう一度、自分の姿を鏡で見たり、体重をはかることで、現状を確認し、今の状態が自分にとって「まずい」と思えば、やっぱり、ダイエットを続けようという気持ちになるかもしれません。 1351934438

挫折したくなるような「妨げ」を少なくすること

誘惑を減らす

ダイエットの「妨げ」になるような誘惑が多くなるほど、ダイエットを挫折したくなる気持ちが湧いてきますよね。例えば、デザートが大好きな人が、テレビや雑誌、インターネットなどのメディアでデザート特集を見ると、さらに食べたくなってしまう事もあると思います。その場合、あえて、その特集を見ないようにすることで、挫折したくなるような機会を減らすことが出来ます。

ダイエットを続けることが自分にとって本当に「良い」と思いましょう

目的を思い出す

ダイエットに挫折しそうになった時こそ、ダイエットは自分にとって本当に「良い」と思い返すことで、ダイエットを続けることが出来ます。例えば、着たい服が自分の今の身体のサイズがないため、ダイエットを開始したとします。その時に、ダイエットをすることで自分の着たい服が着られるという、自分にとってダイエットを続けることが本当に「良い」と思える理由があることで、挫折を止めることが出来ます。

自分の「努力」によって左右されると思うこと

努力は必要なもの

ダイエットを成功させるには、運にまかせるのではなく、自分の「努力」があっての成功だと再認識しましょう。ダイエットに挫折しそうになった時は、なるようになると思うのではなく、もう一度、自分が「努力」している方法を振り返り、その「努力」している方法が、自分にとって、なぜ辛くなってきたかを考えましょう。もし、その「努力」している部分が辛すぎるのなら、違うやり方で再び「努力」することで、また続けようと思えるかもしれません。

ダイエットを成功させるには、「ストレス」とうまく付き合いましょう

ストレスのモトになるものを減らす

ダイエットはストレスがつきものです。特に生理中や仕事や家事が忙しい時ほどストレスを感じて、ダイエットどころではないこともあると思います。そういう時ほど、うまく進まずに、その状態が自分にとって、さらにストレスを感じる場合もあると思います。そういうときは、今の状態を維持し、ストレスが少なくなるように、いつもよりも早く寝るようにしたり、好きな音楽を聴いて、リラックスできる状態に持っていきましょう。

まとめ

ダイエットを続けたいと思う要因を増やそう!

ダイエットを挫折せずに続けるためのモチベーションアップの考え方を5つ紹介しました。ダイエットの成功は、いかに続けたいと思う要因を増やすかです。挫折しそうになった時には、今回紹介したポイントを参考にして、ダイエットを続ける可能性を高めてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース