【お家時間を充実させよう!】ダイエットにも効く基本の「脚ストレッチ」

【お家時間を充実させよう!】ダイエットにも効く基本の「脚ストレッチ」

ストレッチは、道具いらずで簡単にお家でやることができます。お家時間を充実させたい今、お家でストレッチに挑戦してみませんか?今回は数あるストレッチの基本の中から「脚ストレッチ」をご紹介します!

ストレッチって知ってるけど知らない?

ストレッチとは

「体がかたい」とは、筋肉を伸び縮みする力が弱く、肩や膝などの関節を動かす可動域が狭いことを言います。運動不足、長時間同じ姿勢をする、パソコンや携帯を使う、などは筋肉を緊張したままの状態にし、筋肉を硬直させる原因になります。

「ストレッチ」とは柔軟運動と呼ばれ、筋肉の伸び縮みする力を強くし、関節の可動域を広くする運動のことを言います。

ストレッチの効果

からだが柔らかくなると、筋肉が収縮しやすくなり、血液やリンパの流れが活発になります。疲労物質の排出が促されるため、疲れやむくみの解消につながります。また血液の巡りがよくなると、冷え性の改善にもつながります。

からだ全体の代謝が上がり消費量が増え、また呼吸も深くなるので、ダイエット効果やリラックス効果も期待できます。その他、スポーツ前後にストレッチすることで、ケガの防止、筋肉痛予防にも効果があります。

脚ストレッチの効果

ストレッチには体の部位別に、いろいろなストレッチがあります。今回は脚のストレッチをご紹介します。太ももの裏には「大腿二頭筋」という筋肉があり、股関節から膝の裏につながっています。ここの筋肉を柔らかくすることで腰痛予防になり、また脚をすっきりさせる効果があります。

脚すっきりストレッチのやり方

ステップ1

まず、両脚を伸ばして座ります。右脚は膝を立て、外側に倒します。このとき右脚のかかとを体に近づけるようにします。

ステップ2

両手を伸ばしながら、ゆっくりと前屈します。

ステップ3

頭を下げて、力を抜いてしばらく呼吸を続けます。反対側の脚も同様に行います。

脚ストレッチのポイント

呼吸を意識する

息を止めてしまうと、筋肉が緊張してきちんと伸ばすことができません。また、リラックス効果も半減してしまいます。深い呼吸を意識しながら動かし、ステップ3ではリラックスして自然な呼吸をします。

3日坊主にしない

脚ストレッチは3つのステップで簡単に行えます。しかし1回やっただけでは効果は得られず、すぐに柔らかくなることはありません。簡単だからこそ毎日続けてみましょう。きっと効果が出てくるはずです。

【3日坊主は卒業!】お家で手軽にできる「腹トレ」と長く続けるコツ

無理をしない

急に力を入れたり、無理をすると筋肉を痛めてしまいます。自分のからだと向き合いながら行いましょう。

【美脚になりたい人必見】基礎代謝もあがる「スクワット」の魅力

3つのステップ覚えましたか?

毎日続けてみましょう

脚ストレッチの3ステップはいかがでしたか?簡単なので覚えられそうですね。テレビを見ながら、寝る前など、生活の中に組み込んで、毎日続けてみましょう。きっと効果が出てきますよ!

【参考文献】
・厚生労働省/e-ヘルスネット/ストレッチング
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-082.html) 閲覧日:2020年8月20日
・厚生労働省/e-ヘルスネット/ストレッチングの効果
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-006.html) 閲覧日:2020年8月20日

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース