【管理栄養士が解説!】SNSで話題の「バターコーヒー」は本当にやせるの?

【管理栄養士が解説!】SNSで話題の「バターコーヒー」は本当にやせるの?

近年、注目されている「バターコーヒー」をご存じでしょうか?もうすでに試された方や、あるいは「バターコーヒー」とはどんな飲み物か分からないと思われた方もいるかもしれません。SNS上では、「バターコーヒー」を飲むことで体調が改善したり、減量に成功したといった声があるようです。今回、管理栄養士がこのバターコーヒーを詳しく紹介するとともに、バターコーヒーで本当にやせることができるのかを説明したいと思います。

話題のバターコーヒーとは?

コーヒーに特別なバターを加えるだけ

「バターコーヒー」は名前の通り、コーヒーにバターを加えた飲み物です。しかし、通常のバターではなく、グラスフェッドバターを使います。グラスフェッドを日本語に訳すと「グラス=草」と「フェッド=えさ」という意味で、牧草のみをえさにした牛から取れるバターがグラスフェッドバターです。通常のバターは、穀物などを含んだえさを食べている牛から取れます。

コーヒーにバターを加えて攪拌することで、口当たりがまろやかになり、腹持ちがよくなることも人気の特徴です。

ブームの火付け役となったのは?

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』という本で紹介されたことがきっかけで、「バターコーヒー」が注目され始めました。アメリカ住在のデイヴ・アスプリーさんが、どのような食事法を取り入れてダイエットに成功したのかがこの本で紹介されています。

通常のバターとグラスフェッドバターの違いは?

栄養価が違う?

グラスフェッドバターは、日本では馴染みのないバターですが、通常のバターよりも飽和脂肪酸が少なく、不飽和脂肪酸が多いと言われています。飽和脂肪酸の過剰摂取は悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化や心筋梗塞の発症リスクを上げると言われています。一方、不飽和脂肪酸とは、体内で合成できないため食品から摂取する必要がある脂肪酸です。

バターコヒーを試す際の注意点とは?

注意点1:飲み過ぎない

グラスフェッドバターも、通常のバターもカロリーの差はほとんどありません。大さじ1杯のバター入りのバターコーヒーは、約100kcalです。また、バターコーヒーは、脂質やカフェインを含むため、過剰摂取は健康に被害を与える可能性があるので注意が必要です。

【こんな食べ方もある!】管理栄養士が教える「ヨーグルト」アレンジレシピ6選

注意点2:食事の代替にはならない

バターコーヒーを朝食代わりにすることはおすすめしません。朝食は、主食、主菜、副菜を揃えることで、栄養バランスが整いやすくなります。そのため、朝食をバターコーヒーで代替しようとすると栄養素のバランスが乱れてしまいます。

【海藻パワーがすごい】毎日適量を取り入れてキレイと健康を目指そう!

まとめ

飲めばやせるということではない

今回、話題のバターコーヒーについて詳しく説明しました。腹持ちは良いものの、脂質やカロリーが決して低くないバターコーヒーは、頻度や取り入れ方に注意が必要です。バターコーヒーを飲めば絶対にやせるということではありませんが、気分転換などで、たまに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「残念!話題の「バターコーヒー」は健康に悪い」(東洋経済新報社)
https://toyokeizai.net/articles/-/220896
(アクセス日:2021年2月3日)

「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」(デイヴ・アスプリー(Dave Asprey))

「Characterization of Retail Conventional, Organic, and Grass Full-Fat Butters by Their Fat Contents, Free Fatty Acid Contents, and Triglyceride and Fatty Acid Profiling」(Annemieke M Pustjens et al. Foods. 2017.)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28362343/
(アクセス日:2021年2月28日)

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース