腸活&ダイエットにも◎!管理栄養士オススメの「ハチミツ」を食生活にとりいれるコツ

8月3日は「ハチミツ」の日。「ハチミツ」は太古の昔から人間の健康を支えてきた奇跡の食べ物。「ハチミツ」の特性をいかした「ハチミツ活用法」を管理栄養士が紹介します。

「ハチミツ」が腸活にいいのはどうして?

腸と脳はつながっている?

腸の調子が悪いと、気分がイマイチと感じることはありませんか? ストレスを抱えていて頭が混乱している時は腸の調子も悪くなる...。 逆にお通じが快調だとその日は1日気分爽快!腸を元気にすることは、心と体も元気にするということ。だから腸活は大事なんです!

「ハチミツ」には...

オリゴ糖、有機酸の一種グルコン酸が含まれています。

オリゴ糖は善玉菌のえさになるため、腸内環境を改善します。ハチミツに最も多く含まれているものがグルコン酸。グルコン酸は腸内のビフィズス菌を増やす働きがあります。だからヨーグルトにはちみつは理に適っているのですね。

「ハチミツ」がダイエット向きというのはなぜ?

グラニュー糖のカロリーは100g当たり387kcal(大さじ1杯12g)。ハチミツは100g当たり294kcal(大さじ1杯22g)。
比重が違うので大さじ一杯で比べてみるとカロリーは、ハチミツの方が高いです。しかし...甘さが違います!

ハチミツ大さじ1杯の甘さはグラニュー糖大さじ2杯に匹敵します。グラニュー糖1杯分の甘さにするなら、ハチミツは半量でOK!グラニュー糖なら93kcal、はちみつは65kcalとはちみつの方が低カロリーという計算に。そしてはちみつにはミネラルやビタミン、アミノ酸も含まれています。ダイエットだけでなく美容に◎

ポイントは、お砂糖代わりに使う時は、『お砂糖の量の半分にする』です!

ハチミツの特長を知って腸活に活かしましょう♪

・お料理の甘味にハチミツを加えると、コクや深みが増します。
・殺菌・防腐作用があります。(漬けなどの常備菜の他、お弁当にも活用を)
・魚の生臭さをなくし、ほのかにお花の香りを残す。
・肉料理をふっくらやわらかく仕上げる。(ハチミツに浸けてから焼くとジューシーと旨みがアップ!)

他にもご飯を炊く時にハチミツを加えることでご飯のうまみ甘味が増す。と同時に傷みにくくなるというメリットも。また、ハチミツにレモンやオレンジなどを入れるとハチミツの浸透力の高さで香り高いフルーツシロップがあっという間に出来上がります。

私の好きでやまない食べ物の一つが、カマンベールやゴルゴンゾーラチーズに、ハチミツをかけたおつまみ。発酵食品にハチミツ、これも腸活のひとつと言い訳しながらいただきます!

腸活で、心とカラダ 健康な毎日を!

カテゴリ別ニュース