ウォーキングダイエットの効果を高める方法は?管理栄養士がポイントを解説します

誰にでも取り入れやすいウォーキング。ダイエット効果をさらに引き出すために取り組む方も多いのでは? そんなウォーキングも取り入れ方次第で、減量効果や目的も大きく変わってくるのをご存知でしたか?やみくもに歩くではなく、ぜひ自身の目的にあわせて取り入れ方を変えてみましょう!今回は管理栄養士がウォーキングダイエットについて解説します。

ウォーキングの消費カロリーはどのくらい?

30分の運動で約80kcalのエネルギーを消費します

ダイエット効果を高めるためにも、食事コントロール&運動を取り入れている方も多いはず!これから温かくなってきて、運動をしてみようかな?と感じている人にもウォーキングは手軽でおすすめです。

運動をする場合、30分間継続することで脂肪の燃焼効果は得やすいと言われていますが、最近の研究では一日の中で10~15分程度の運動を数回にわけて行っても同様の効果が得られるとされていますので、忙しい方も取り入れやすいですね♪

また、ウォーキングは30分行うことで、80kcalの消費が可能です◎ 白米にすると、小盛のごはん1/2杯分のカロリーカットができますよ。

ウォーキングを行う時間帯を意識!

目的にあわせて運動するタイミングを変えるのが◎

食前と食後では、どのタイミングで運動をするのが最適か?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。運動するタイミングも目的に合わせて変えてあげるのが、ダイエットの上級者です◎

【食前に運動】
脂肪を燃焼する効果があります。空腹のまま運動をすると、さらに空腹になることで過食になってしまったり、低血糖になり「めまい」などがおこる恐れも。運動前は少量の甘いものや、スポーツドリンクなどを摂取することがお勧めです。

【食後に運動】
食事で上昇した血糖値をさげてくれる効果があります。血糖値が気になる方や、太りにくい身体づくりを目指している人にお勧めです。

運動後のケアも忘れずに!

筋肉量を減らさないために「たんぱく質」を!

運動後は筋肉が壊れてしまうので、修復のためのケアが大切です。その際、運動後30分以内にプロテインを取り入れることもオススメ!せっかく運動をしているのに、筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が低下してしまい痩せにくい体質に。そうならないためにも普段から「たんぱく質」を意識しましょう!

また毎食片手のひらに乗る量(ささみであれば2本分)を取り入れるように心がけましょう。食材にも気を付けて、低脂肪で高たんぱく質なむね肉やささみ、白身魚などを使うことが◎です。

まとめ

暖かい季節にはカラダを動かしてリフレッシュ♪

いかがでしたか?寒い冬が終わり、暖かい春を迎える時期にはウォーキングがぴったり!積極的にカラダを動かして、日々の疲れやストレスを発散して痩せ体質を目指しましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース