【10月31日はハロウィン!】今が旬の「かぼちゃ」を更に美味しく食べる方法とは?

ハロウィンの装飾といえばかぼちゃですが、欧米ではこの時期にいろいろなかぼちゃ料理が食卓を飾ります。かぼちゃは保存が効くので、夏に収穫して追熟させ、甘みが増す秋から冬に食べて、野菜不足を補っていました。緑黄色野菜として栄養価の高いかぼちゃの魅了を管理栄養士が解説します。

かぼちゃに含まれるビタミンACEで風邪をひかない体を作る

日本でも、「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれています。古今東西を問わず、冬を迎える前に免疫力を高めるビタミンを取ることがよいことを経験的に知っていたのですね。かぼちゃに含まれるビタミンACEは、免疫力を高める強力なトリオです。緑黄色野菜に多いβ-カロテンは、体の中で必要なだけビタミンAに変わるので、摂りすぎる心配がありません。皮膚や粘膜を保護し風邪の予防に最適です。抗酸化作用が高いことで知られるビタミンCはコラーゲン生成を助け、皮膚の健康を保つ働きも。活性酸素を消去して酸化したビタミンEを再生する働きをあるので一緒に摂るのが効果的です。ビタミンEは血行を良くし、皮膚の代謝を高める働きもあります。

かぼちゃと相性のよい食材を組み合わせることがポイント

神経の興奮を抑える乳製品と組み合わせて、肌トラブルを予防

空気中の湿度が30パーセントを切ると肌の水分が蒸発しやすくなります。秋から冬の季節は、肌から水分が蒸発しやすい環境になるので対策が必要です。かぼちゃに含まれるβ-カロテンは皮膚や粘膜に働き、角質層のバリア機能を保ちます。また、乾燥した肌はかゆみを感じやすいので、カルシウムを十分にとって神経の興奮を鎮めることも肌のトラブル予防になります。カルシウムを多く含む牛乳や乳製品やナッツとかぼちゃを組み合わせると吸収を助けるビタミンD、ビタミンK、マグネシウムも補給でき、互いにカルシウムの吸収を高めます。

ハロウィンにおすすめのかぼちゃ料理

元気のでるかぼちゃ色は、パーティ―気分を盛り上げます

今では1年中食べられるかぼちゃも、収穫してすぐは水分が多いので追熟して完熟させると、ハロウィンの時期に自然の甘みがましておいしくなります。どの年代にも好まれるかぼちゃですから、パーティ―メニューに加えてハロウィンを楽しんでください。きれいな橙色は栄養だけでなく、心も元気にしてくれます。

ハロウィンにおすすめの低カロリースイーツ

ダイエットプラスでレシピを見る
出典:ダイエットプラス「プチかぼちゃモンブラン 」

かぼちゃのニョッキもおすすめ!

<材料>2人分
かぼちゃ  300g(1/4個)
強力粉   100g
バター   大さじ2                 
パルミジャーのレジャーノ 大さじ2
塩     適量
 
 
<作り方>
1.かぼちゃは、電子レンジで加熱し、熱いうちにスプーンなどで、実を取り出し、ボールに入れてつぶす。皮は、千切りにする。
2.冷めたら強力粉を加え、手でよく混ぜる。
3.②を転がして直径2cmの棒状に延ばし、長さ2cmに切っていく。フォークを滑らすようにして形作る。
4.たっぷりの湯を湧かし、塩を加え、ニョッキをゆでる。ニョッキが浮かんで、再び沸騰したら取り出す。
5.フライパンにバターを入れ、弱火で溶かし、④のニョッキとかぼちゃの皮をバターであえ、皿に盛って、パルミジャーノレジャーノを振る。

まとめ

緑黄色野菜が少なくなる秋から冬にかけ、野菜不足を補うかぼちゃは栄養の宝庫です。抗酸化ビタミンのビタミンACEのほか、カルシウム、鉄、食物繊維などもバランスよく含まれています。相性のよい食材と組み合わせたかぼちゃ料理で、皮膚や粘膜の乾燥を防ぎ、血行を良くして、かぜの予防や寒さ対策に役立ててください。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース