ダイエットに効く!バランスボールを使った3種類のストレッチの方法

「自宅にバランスボールはあるものの、正しい使い方が分からない」そんな方のために、ダイエットに効果的なバランスボールを使ったストレッチの方法をご紹介しましょう。今回ご紹介する3種類の方法なら、運動の苦手な方でも気軽に実践できるはずです。

バランスボールを使ったストレッチ①

ただ座るだけの方法

①ボールの真上に座る
②膝が90度に曲がるように座る
③背筋をピンと伸ばす

この3つのポイントを押さえながら座れば、テレビを見ても、読書をしても、スマホを触っても、何をしてもかまいません。
何かをしながらでも実践できる、とても簡単なストレッチ法です。

どんな効果が期待できるの?

このストレッチではインナーマッスルを鍛えることができます。
インナーマッスルとは腹筋の奥に存在する体幹のことであり、ここが鍛えられると、基礎代謝の向上や骨盤の位置の正常化などを図ることが可能です。
基礎代謝が向上し、骨盤の位置が正常になれば、痩せやすい体質になることができ、ダイエット効果を期待することができます。

バランスボールを使ったストレッチ②足裏でボールを押し出しする方法

足裏でボールを押し出しする方法

①仰向けに寝ます。
②膝を胸に近づけるように上げたら、足裏をバランスボールに乗せます。
③バランスボールを足裏で押し出すイメージで膝を伸ばします。
④バランスボールを足裏で引き戻すイメージで膝を胸に近づけます。
⑤ ③と④を約1分間、交互に繰り返します。

どんな効果が期待できるの?

このストレッチの方法は、下半身のシェイプアップに効果的です。
ボールを押したり戻したりする運動において、太ももやお尻といった衰えがちな下半身の筋肉を鍛えることができます。下半身を引き締めたいという方におすすめです。

バランスボールを使ったストレッチ③

ボールの上に寝る方法

①バランスボールを腰にあてます。
②足が地面についた状態でバランスボールの上に仰向けに寝ます。
③背中がボールの上に乗ったら、足とボールを引き離すイメージで脚を伸ばします。
④今度は、足とボールを近づけるイメージで脚を曲げていきます。
⑤ ③と④を約1分間、交互に繰り返します。

どんな効果が期待できるの?

このストレッチの方法では、腹筋を中心に鍛えることができます。また、太ももやふくらはぎ、腕にも力が入るため、腹筋以外の筋肉にも効果的です。バランスボールが身体からズレないように維持する必要もあるため、バランス感覚を身につけることも可能です。


ご自宅にバランスボールがあるという方は、是非とも今回ご紹介したストレッチの方法を実践してみてください。ダイエットの運動としても効果的ですよ。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース