【食べるだけ!】知られざる「しいたけパワー」を徹底解説

【食べるだけ!】知られざる「しいたけパワー」を徹底解説

独特の風味と歯ごたえが特徴のしいたけは、煮物からお茶まで幅広く使われ、日本人には馴染みの深いきのこです。免疫向上や生活習慣病予防の手助けをしてくれると言うのだから驚きですね。毎日の生活に取り入れたい食材「しいたけ」の力をまとめてみました。

「しいたけ」について

しいたけにはどんな栄養と効果があるの?

《動脈硬化を予防》
しいたけに含まれる「エリタデニン」という成分が血液中ののコレステロール値を下げる働きをするので、血液をさらさらにして動脈硬化の予防を期待できます。

《骨粗しょう症予防》
食べる前に30分~1時間くらい天日に干すとビタミンDが倍増すると言われています。カルシウムの入った食材と一緒に食べる事で骨粗しょう症予防になるようです。

《ダイエット効果が期待できる》
しいたけは比較的カロリーが低い食材なのでかさましで料理に使用したり、食物繊維も豊富なので便通を改善する効果が期待できたりします。ただし、油を吸収しやすいので、ダイエットに利用したいなら、油を使わない調理方法で食べるのがおすすめです。

《免疫力UP》
しいたけにはβ-Dグルカンとレンチナンと言う栄養成分も含まれています。
β-Dグルカンは免疫力UP、レンチナンはがん細胞の増殖を抑制する効果が期待できるようです。

■美白ケアの落とし穴!ビタミンD不足には、シイタケを〇〇するべし!!

しいたけは、こんな人におすすめ

しいたけは苦手という方もいると思いますが、低カロリーで栄養素も豊富なのでぜひ食生活に取り入れて欲しい食材です。

・免疫を高め、健康になりたい
・生活習慣病の予防をしたい
・ダイエット中でも美味しく食べたい

といった方々にはおすすめです!

しいたけの美味しい食べ方

干ししいたけの戻し方

干ししいたけなら長期保存に向いているのでストックして置く事も可能です。
いつでも気の向いた時に食べる事が出来ますね。
そんな干ししいたけの戻し方をご紹介します。

1、しいたけがヒタヒタになるくらいの冷水に入れる。
2、ラップなどして冷蔵庫で保管。
3、24時間以上そのままにして戻す。

使い方色々しいたけ料理

しいたけは秋以外でも美味しく食べられます。どれも馴染みのある料理ばかりなので気軽に作れますよ。素材の美味しさをより活かした調理法をご紹介します。

・採りたてのしいたけは、網焼きでジューシーに!
・干ししいたけは、戻し汁ごと使えるので煮物がオススメです。

おすすめしいたけレシピ

まるごと椎茸のふんわり肉団子

天然の旨味たっぷりのジューシーな椎茸とお豆腐を使ったふんわり肉団子♪椎茸に含まれる「β-Dグルカン」には免疫力を高める効果が期待されます。

▶「まるごと椎茸のふんわり肉団子」レシピはこちら

きのこと鶏肉の雑炊

鶏肉は味覚を正常に保つ亜鉛と疲労の蓄積を防ぐビタミンB1がたっぷり、疲れた時に食べたい一品♪

▶「きのこと鶏肉の雑炊」レシピはこちら

まとめ

しいたけはカロリーが低くダイエットにも役立つだけでなく、様々な栄養成分が含まれている優れた食材です。美味しく食べれば、免疫力もUPして体も心も幸せになりますね。しいたけはスーパーなどに一年を通して置いてありますので、ぜひお気軽にお試し下さい。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース