【脂肪の吸収を抑える効果も?!】フルーツや飲み物に含まれる○○○○がすごい効果を発揮する?!

よく耳にすることのあるポリフェノールという成分。どんな食材に含まれ、私たちの身体にどんな効果をもたらしてくれるのかご存知でしょうか。実は、ポリフェノールは知っておいて損のない、身体に嬉しい健康や美容効果の期待ができる成分です。

ポリフェノールって一体なに?

植物の光合成からできている!

ポリフェノールは、植物が光合成を行うときに作られる物質で、植物の苦みや渋み、色素の素となる成分です。葉っぱや茎、実に多く、渋みのある植物にはたくさん含まれています。また、ポリフェノールの種類は、5000種類にもおよぶと言われています。中でも私たちがよく耳にする成分の効果をみていきたいと思います。

種類によって効果は異なる!期待のできる健康効果は?

アントシアニン

ブルーベリーやカシス、ブドウなどの青紫色の色素で、目の健康を維持する効果があると言われています。また、内臓脂肪の増加を抑制する効果が期待できるので、生活習慣病の予防にも繋がります。

イソフラボン

大豆製品に多く含まれており、女性ホルモンと似た働きをし、女性らしい身体を作ってくれたり、月経トラブルなどの改善にも繋がります。さらには、コレステロール値を下げる効果や美肌にも役立ちますよ。

クルクミン

ウコンに含まれており、アルコールの分解の促進を行ったり、肝機能を高める働きに期待ができます。

カテキン

緑茶、紅茶の渋みです。殺菌作用があったり、鼻炎などのアレルギーの改善にも効果が期待できると言われています。脂肪の吸収も抑制してくれるので、ダイエットにも期待ができそうですね。また、緑茶や紅茶にはタンニンという成分も多く含み、毛穴を引き締めてくれる効果が期待できます。緑茶、紅茶は健康効果だけでなく美容効果も期待ができるんですね。

どうやって身体に取り入れるの?

食事で取り入れよう

ポリフェノールは、食材から身体に取り入れることができる成分です。自分の健康や美容で気になるところを改善してくれるポリフェノールを含んだ食材を、是非食事で取り入れてみてはいかがでしょうか。

サプリメントでも

サプリメントでもポリフェノールを取り入れることができます。食事で摂ることが難しいときは、サプリメントに頼ってみるのもいいかもしれませんね。しかし、あくまでサプリメントは食事で補えない栄養素を補うためであって、摂取量などには注意しましょう。

紹介したポリフェノールの種類や効果はほんの一部で、まだまだ他の健康効果の期待ができるポリフェノールは多く存在します。是非、自分の身体に合ったポリフェノールを摂り入れてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース