【0円でラクに効果を実感?!】「白湯」を飲むだけでダイエットができる?!

今芸能人やモデルたちの間でも話題となっている「白湯」。健康や美容に敏感な方なら、一度は耳にした事があるでしょう。とっても簡単でコストもかからないので、今すぐに取り入れることができますよ!今回は、「白湯」の効果をご紹介します。

白湯(さゆ)とは?

白湯とは「何も加えていないただの水を沸かしたお湯のこと」を言います。昔から赤ちゃんや病気の方でも負担なく飲める飲み物として利用されてきたと言われています。最近では女優さんやモデルの間で飲まれていることからも、注目を集めています。

▶【たっぷり食べて脂肪燃焼?!】「きのこスープ」はやっぱりダイエットに効果的?!

白湯の美容・健康効果

代謝がアップ

白湯を飲むことで内臓が温まり、全身の血流が促されて代謝アップに繋がります。また、内臓の温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%程度上がると言われており、白湯を続けて習慣的に飲むことで脂肪が燃焼されやすくやせやすいダイエット向きな体質へと改善を図ることが期待できます。

デトックス効果

白湯を飲むことで全身の血行が促進され、体の温度が上がり冷え性やむくみ、肩こりなどを予防・改善に効果が期待できます。さらには、体が温まることで内臓機能も活性化され、内臓疲労の回復や便秘解消、肌荒れ改善など様々な効果に繋がります。白湯を飲む時は、なるべく時間をかけてゆっくりと飲むことで、体を芯から温めることができます。

睡眠効果

寝る前に白湯を飲むことで、ポカポカと体が温まり副交感神経が刺激されるためリラックス効果が得られ、質の良い睡眠をとることができると言われています。質の良い睡眠は、ダイエットに関わるホルモンの分泌を促して、ダイエット成功へと導いてくれるでしょう。

▶寝るだけで痩せるってホント!?睡眠ダイエットのメカニズムや方法をご紹介

白湯の作り方

1.やかんや鍋などに水を入れ、強火で沸騰させる。
2.湯気が上がるように蓋をとり、火を弱めて10~15分間沸かし続ける。
3.カップに注ぎ、体温程度になるまで自然に冷ます。

忙しい方や気軽に試してみたい方は、水を入れたマグカップをレンジで温めてもOK。(500Wで1分半くらい)どちらでも、無理なく自分にあったやり方で続けることが大切です。

白湯ダイエットに挑戦

飲むタイミングや量

■起床後に
起床後の白湯は、睡眠時に失われた水分補給や、眠っている内臓機能を目覚めさせる役割をします。体温に近い白湯はスムーズに体内に取り入れられるので、目覚めの1杯にぴったりです。

■寝る前に
寝る前に飲むことでリラックスしながら質の良い睡眠を得ることができると言われています。

注意点

一度にたくさん水分を摂取すると胃腸に負担がかかる恐れがあります。1日に800ml前後を目安に飲むようにしましょう。白湯の飲みすぎは胃酸が薄まり、消化不良の原因ともなる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

白湯の効能は、毎日続けることで効果を感じられるものです。飲みにくく感じたり飽きたりしたときは、生姜やはちみつなどを入れて、少しアレンジしてみても良いでしょう。お金もかからずとても簡単な白湯を使ったダイエット。気軽に試せるきれいな人の習慣ですね!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース