【食べてやせる!】「鶏もも肉」でダイエット成功を目指す秘策とは?

鶏もも肉は、脂肪分が多い印象があるゆえにダイエット中はNGだという印象はありませんか?実は、調理方法次第で高たんぱく・低脂質なダイエットの味方食材に変身するのです!さらに、女性に嬉しい美容効果も期待ができると言われる優れもの。今回はそんな鶏もも肉の魅力をたっぷりとご紹介します!

どんな栄養素があるの?

やせやすい体質作りに「たんぱく質」

鶏もも肉には豊富なたんぱく質が含まれています。たんぱく質は三大栄養素の一つで、主に筋肉や内臓、皮膚、髪の毛、爪など、私たちのカラダを作る栄養成分です。たんぱく質の摂取は筋肉量の増加に役立ち、脂肪の燃焼効率をより高めることでやせやすく太りにくい体質作りを手助けします。

代謝アップに「ビタミンB2」

ビタミンB2は、ビタミンB群に属している水溶性ビタミンです。三大栄養の代謝に関わっており、特に糖質や脂質などの代謝には欠かせません。ほかにも、子供の成長から皮膚や粘膜、髪の毛や爪に至るまでの再生、アンチエイジングにも効果があるとされています。

美肌を保つ「ナイアシン」

ナイアシンは、代謝をサポートするビタミンB群の一種で、体内で最も多く存在すると言われる栄養成分です。このため、糖質や脂質、たんぱく質の代謝を活発にするほか、新陳代謝を促すことでキレイで健康的な美肌を保つことに役立ちます。

カロリーカットのテクニック

①皮を取り除く

ダイエット中に鶏もも肉を取り入れる場合は、まず、皮を取り除くと1枚あたりで約100~200kcal以上もカロリーカットに繋がります。少しの工夫で、ダイエット中にも安心して食べられるようになります。

②調理方法を工夫する

鶏もも肉の調理方法次第では、さらにカロリーカットになりますよ。例えばフライパンで炒め物などをしたら、余分に出た脂をキッチンペーパーなどでふき取るだけでもカロリーカットに繋がります。また、網焼きや茹でるなどの調理方法では、余分な脂が出るのでダイエット中にはおすすめの方法です。揚げ物の場合は、揚げ焼きにして油の量を工夫するように意識しましょう。

鶏もも肉のおススメレシピ

れんこんの満足挟み焼き

レンコンのシャキシャキした噛み応えのある食感が、満腹中枢を刺激して満足感を得やすくしてくれます☆

▶「れんこんの満足挟み焼き」レシピはこちら

チキンプルコギのっけご飯

ご飯によく合うプルコギをのっけただけの簡単レシピ!ポイントは、春雨の代わりにもやしを入れることでカロリーカットに繋がりますよ。

▶「チキンプルコギのっけご飯」レシピはこちら

鶏肉の洋風味噌煮込み

煮込み料理にすれば、ふっくら柔らかな仕上がりになります。トマトの酸味と味噌のコクが、より美味しさを引き立ててくれますよ。

▶「鶏肉の洋風味噌煮込み」レシピはこちら

最後に

鶏もも肉というと脂質が多く、ダイエットには不向きかなと思いがちですが、とても栄養価の高い食材です。皮を取り除くなどの工夫で脂質を抑えることができるので、ダイエットにもぜひ取り入れてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース