【忘年会のお供に◎】「しじみ」にもダイエットパワーが秘められていた!?

しじみは古くから「生きた肝臓薬」といわれるほど肝機能の活性化や修復を助ける栄養素が豊富な優秀食材です。二日酔いの翌朝はしじみ汁という方も多いかもしれません。実は二日酔い防止以外にも、身体にうれしい効能がたくさんあるのでご紹介していきます!

しじみとは?

日本では昔から健康にいい食べ物として親しまれている「しじみ」。中国でも古くからその薬効は伝えられているそうです。しじみは年中出回っていますが、旬とされている時期は1~2月、7~8月の2回となります。冬に旬を迎えるしじみは「寒しじみ」と呼ばれ、身がしまって旨み成分が凝縮されているのが特徴です。一方で夏に旬を迎えるしじみは「土用しじみ」と呼ばれ、身がプリっとしているのが特徴です。

▶【美肌を育てる冬のごちそう!】「牡蠣」パワーで風邪知らず?!

しじみの栄養素や効能

■オルニチン
アミノ酸の一種で、肝臓の解毒作用を助けて、二日酔い予防に効果が期待できます。
■ビタミンB2
脂質の代謝を促す働きがあります。不足すると、口内炎や肌荒れなどを招く可能性があります。
■ビタミンB12、鉄分
造血作用があり、貧血を予防に効果的だと言われています。また、神経を正常に維持する役割も果たします。
■カルシウム
イライラ予防や精神の安定、骨粗鬆症予防に役立つと言われています。
■亜鉛
免疫力アップに役立つことから、風邪や感染症予防に効果が期待できます。

女性にうれしい効能がたくさん

新陳代謝がアップ!

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進することから新陳代謝アップに繋がります。よって、肌のターンオーバーを正常に維持して新しい肌へと生まれ変わをサポートします。さらに、豊富なアミノ酸も肌のバリア機能や保湿機能に大きく関わり、美肌効果に期待ができます。また、鉄や亜鉛は貧血になりやすい女性は特に積極的に摂りたい栄養素ですね。

やせやすいカラダ作りに!

しじみに含まれる鉄や亜鉛、ビタミンB12は血液を作り出すのに欠かせない栄養素で、体内に酸素や栄養を運ぶ重要な役割を果たしています。カラダの隅々まで酸素や栄養が行き届くようになると、代謝がアップしてダイエットの成果が出やすくなるでしょう!

▶【飲みすぎた!】二日酔いにオススメの食材3選!

しじみの食べ方

しじみには旨み成分がたっぷり含まれているため、とても美味しい出汁がとれますよね。冷凍するとこの旨み成分がもっと増えると言われており、塩水で砂出しした後に冷凍しておくといいですよ。調理する時は冷凍したまま使えます。

まとめ

ちいさな粒にたくさんの栄養素を含むしじみ。しじみの成分のサプリメントもたくさん出ているほど、その栄養価の高さや効能は注目されています。お味噌汁など、ぜひ毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース