【生姜の効果が倍増!】スゴすぎる!「生姜パウダー」が大注目される理由に驚き!

健康のために日ごろから「生姜」を取り入れている方は多いと思いますが、調理方法次第で生姜の成分に変化があるということはご存知ですか?最近では、生姜をパウダー状にした「生姜パウダー」のパワーに注目が集まり、テレビや雑誌でも紹介され話題となっています。そこで今回は、生姜パウダーについて詳しくご紹介していきます!

生姜はなぜいいの?

「生姜」は、体を温める効果が高いことで有名ですよね。その温める効果は、加熱をした方がパワーアップすることをご存知でしたか?

生姜には、「ジンゲロール」という成分が含まれています。これは、生の生姜に多く含まれており、強い殺菌効果があることで知られるほか、血行を促して代謝の向上に役立ってくれます。そのジンゲロールは、加熱することにより「ショウガオール」という成分に変化します。ショウガオールは、シンゲロールと同じような働きをするうえに、胃腸機能を活発にしたり、体の芯からポカポカと温める働きがあると言われています。つまり、生姜を加熱して乾燥させた生姜パウダーは、「ショウガオール」を増やすことができるため、さらに生姜の効果を期待できるということになります。

ダイエットパワーとは?

生姜パウダーを継続的に取り入れることで、ダイエットにはもちろん健康や美容にも嬉しい効果を期待することができると言われています。

・基礎代謝を上げて、やせやすい体質を作る
・血行を促し、冷えやむくみ、肩こりの解消に効果的
・胃腸機能を活発にして、消化吸収を促す
・体内に溜まっている老廃物の排出を促す
・免疫力を高めて、ウィルスや菌の侵入を防ぐ

生姜パウダーの作り方

1.生姜は皮をむかずに使うので、キレイに洗いましょう。
2.生姜を1ミリ程度の厚さにスライスします。
このとき、繊維に沿って切るようにしましょう。
3.オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、切ったショウガを重ならないように並べていきましょう。
4.余熱はしないで、100℃に設定したオーブンでじっくり約1時間焼きます。
5.1時間経ったら取り出し、しっかり乾燥できているかチェックしましょう。まだ加熱が必要の場合は、再度100℃のオーブンで5分刻み位でチェックしながら加熱していきます。
6.乾燥が終わったらオーブンから取り出して粗熱を取ります。
7.粗熱が取れたら、ミキサ―などを使って砕いて粉末にしたら出来上がりです。

オーブンを使うことで乾燥が終わるころにはすでにカリカリになっているため、すぐに砕くことができます。しかし、加熱し過ぎには注意しましょう。オーブンの温度が高すぎたり、加熱しすぎるとすぐに生姜が真っ黒になってしまいます。加熱中はこまめにチェックするようにしましょう。

保存方法に注意が必要

生姜パウダーの保存方法のポイントは、常温で保存することです。冷蔵庫に入れると、生姜独自の風味や効能が減少してしまうと言われています。常温で保存すれば、ある程度長い期間保存できるようです。また、作る際や保存容器に保存する際に少しでも水分が残っているとカビが生えてしまいますので注意が必要です。

▶【ダブルで効く!】「レモン」×「生姜」がダイエットに効果的な理由とは?

生姜パウダーのアレンジ方法はたくさん!

作った生姜パウダーは、料理やドリンクに取り入れやすく、調味料としても大活躍してくれます。例えば、紅茶やコンブ茶、お湯にレモンと一緒に入れてお好みのドリンクを作ってもいいでしょう。また、お味噌汁や鍋物のスープなどに加えると、体がポカポカ温めるのを感じられるでしょう。

▶「酢生姜」ダイエットがTVや雑誌で話題の2つの理由とは?

最後に

生姜パウダーには、たくさんのメリットがあることが分かりましたが、食べ過ぎると下痢や胸やけなどを招く恐れがあるので注意しましょう。適量を守って、料理やお菓子作りなどに利用してもいいですね。お好みの取り入れ方を見つけてみてください☆

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース