【食べてやせるズボラダイエット!】「酢にんにく」でやせ体質をGET!

近年ダイエットや健康の目的でお酢を取り入れる人が増える中、最近密かに注目を集めている『酢にんにく』をご存知ですか?個性の強い2つの組み合わせに驚く方もいると思いますが、この酢にんにくの健康パワーが話題になっています。さらにそれだけではなく、様々な料理に合う万能調味料でもあるのです。今回は、酢にんにくの魅力的なパワーに迫ります!

酢にんにくってなに?

酢にんにくとは、皮を剥いたにんにくを生のまま酢に漬けたものを言います。そのまま食べてもOKですが、料理に利用したり、漬けてあった酢を水で薄めて飲むこともできます。また、にんにくの強烈なにおいが気になる方もいると思いますが、酢に漬けることにより、臭いがかなり和らぐため食べやすくなると言われています。

作り方

<用意するもの>
・にんにく 200g
・酢 300g
・清潔な保存用の瓶

<作り方>
1.保存用の瓶は、煮沸消毒やアルコール消毒等で、消毒を行います。
2.にんにくの皮を剥き、水で洗い、水気をふきとります。
3.1を耐熱容器に入れてラップをふんわりかけ、600Wのレンジで2~3分加熱します。
4.保存用の瓶に3を入れて、酢を注ぎ入れたら蓋をして、陽の当たらない涼しい場所で保存しておきます。

漬けて1週間前後で、一時的に青くなる場合がありますが、これはにんにくに含まれるアリシンが科学反応して起こるからであり、無害であるため問題ありません。放置していれば、色は消えていきます。

▶【本当にやせるの?】「酢キャベツ」パワーをを管理栄養士が解説します!

酢にんにくは何がいいの?

1.血圧を安定させる

これはお酢に含まれている酢酸という成分によるもので、血液の流れを改善させて、血圧を安定させると言われています。また、血流が良くなれば代謝も上がって、やせやすい体質作りにも役立ってくれるでしょう。

2.脂肪をため込みにくくする

最近の研究からお酢には「脂肪の合成を抑える」「内臓脂肪をため込みにくくする」「中性脂肪を減らす」などの効果が期待できると言われています。
また、にんにくに含まれる含硫アミノ酸にも「脂肪を効率よくエネルギーに変える」働きがあることが明らかとなっているそうです。

3.便秘の改善

便秘に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
にんにくとお酢のどちらにも、腸内環境の改善に役立つ効果が期待できます。腸内環境が整うことで体内に溜まっていた老廃物の排出が促されて、便秘解消につながるほか、免疫力アップ、肌トラブル改善にも効果が期待できますよ。

4.キレイな美肌をキープ

にんにくにもお酢と同様に、抗酸化作用が高いことでも知られています。この2つの相乗効果で、老化の原因となる活性酵素を取り除いてくれるため、シミやシワ、たるみなどを防いで美肌ケアに役立ってくれますよ。いつまでも若々しくいたい方には、酢にんにくはおすすめです。

▶【食べるだけでやせる!?】大注目!「酢玉ねぎ」のダイエット効果を管理栄養士が解説!

酢にんにくの食べ方は?

◆そのまま食べる
酢にんにくはそのまま食べても問題ありません!1日1片を目安に食べましょう。健康に良いと言われる酢にんにくではありますが、食べ過ぎには注意しましょう。

◆ドレッシングやタレにする
酢にんにくにお好みの調味料をプラスすれば、ドレッシングや餃子のタレなどに早変わり!

◆煮込み料理に
肉を煮る時に酢にんにく加えると、お酢の効果で柔らかく仕上げることができますよ。また、ガーリック風味とお酢の爽やかさが加わって、いつもとは違った味わいを楽しめます。

◆パスタやピザに
パスタやピザなどの料理にも相性が良いそうです!いつも使っていたにんにくを酢にんにくに変えて調理するのもいいですね。

さいごに

酢にんにくについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?2つの材料でとっても簡単に作れるうえに、万能調味料となって食卓の人気者になること間違えないのではないでしょうか?気になる方はぜひ試してみてくださいね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース