【満腹ダイエット】お腹いっぱいでストレス知らず?!身も心も美しくなろう

ダイエットがつらくなることのひとつに「空腹」があります。ストレスをためてしまうのは健康的とはいえませんね。少しのルールを守るだけで、お腹いっぱい食べてもOKな「満腹ダイエット」で、ストレスのないダイエットにチャレンジしてみませんか?

食事によるダイエットのストレスは…

食事制限などのダイエットで気をつけなければならないことのひとつに、「ストレス」があげられます。ストレスを感じることで気持ちも落ち込みやすくなり、リバウンドもしやすくなるおそれがあります。

理想は健康的なダイエット

食事制限によるダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーより下げることで、ゆるやかに体重減少をはかることです。
食事自体を極度に減らしてゆくと、満腹ホルモンであるレプチンが分泌されにくくなるおそれがあります。その結果、お腹がすきやすくなり、間食などをしてしまうことにつながります。

食事内容を見直して摂取カロリーを抑えながら、しっかりバランスのとれた食事を摂ることで、健康的なダイエットに取り組むことが理想です。

満腹ダイエットのやり方

満腹ダイエットは、その名の通りお腹いっぱい食事をとってもいいというダイエット方法です。いくつかのルールがあり、それを守りつつ、無理なくダイエットに取り組むことが可能です。

【ルール1】バランスのとれた食事を摂る

低カロリーでバランスの整った食事を3食摂ることが、このダイエットの大きなポイントです。炭水化物を極度に減らしすぎず、肉・魚・卵などのたんぱく質、野菜・海藻・豆などをバランス良く組み合わせることを心がけましょう。

野菜を8割、たんぱく質を1.5割、炭水化物は0.5割が目安です。水分もたっぷり摂るようにしましょう。
食事はお腹いっぱい食べてOK。偏りなくバランス良い食事を続けていれば、体がそれだけで満足するようになり、間食などの欲求も減っていくといわれています。

▼参考・参照:農林水産省

【ルール2】最初の1ヶ月は甘いものを控える

最初の1ヶ月程度は、お菓子・ジュースといったものは控えることがおすすめです。お酒を飲む方は、1ヶ月間の間はお酒も控えた方がベターです。
体の中を一旦スッキリさせることで、余計なものを欲しなくなるといわれています。1ヶ月を過ぎたら、甘いものを徐々に摂取してOK。

運動や睡眠などの生活リズムも大切

せっかく食事の内容を見直すのですから、運動や睡眠などの生活リズムもこの機会にぜひ振り返ってみましょう。
3食きちんと食べるためには、朝すっきり起床して夜もしっかり睡眠を取ることが理想です。睡眠と食事のサイクルが整うと、体内のサーカディアンリズムも整っていきます。その結果、ホルモンバランスや排泄リズムなども整い、健康的な体になることが期待できるのです。

無理して運動を取り入れる必要はありませんが、ほどよい運動を続けることでより健康的なダイエットになります。取り入れるならば、基礎代謝が上がりやすい夕方に運動をすることがおすすめです。

食事を見直して身も心も美しく

今までの食事内容や生活リズムを見直すことで、これまで気づけなかったダイエットの落とし穴に気づくこともあるかもしれません。

バランスの良い食事で栄養をしっかり摂ることで代謝も上がり、肌つやも良くなり、筋肉もつきやすくなることが期待できます。耐えられないほどの空腹はストレスを生みやすくなります。しっかり食べて、身も心も美しくなることを目指しましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース