【筋や皮もスゴイ!?】「みかん」に隠されたダイエットパワーって?

【筋や皮もスゴイ!?】「みかん」に隠されたダイエットパワーって?

日本の冬に欠かせない果物のひとつ、みかん。実はダイエットに嬉しい成分を豊富に含んでいるのです!いつもは捨ててしまう皮や筋にも、知られざるダイエットパワーがあると言われています!生薬や漢方としても重宝された、みかんに隠された力をお伝えします。

みかんがダイエットに嬉しい理由

みかんは100gあたり約45kcalと低カロリー。ビタミンCも豊富で、その含有量は、みかんを2個食べれば1日に必要な摂取量を補えるといわれるほど。

そしてみかんには果糖が含まれていますが、果糖は代謝されやすく、脂肪になりにくいといわれています。エネルギーとして代謝しやすくするため、みかんをダイエットに取り入れるには、朝か昼に摂取するのがおすすめです。

冷え性改善

みかんには「ヘスペリジン」という成分が含まれています。ヘスペリジンはみかん由来のポリフェノール。血流の改善を促し、冷え性の改善に効果があるといわれています。

便秘解消

腸内環境を整える食物繊維も豊富です。
みかんに含まれる「ペクチン」という不溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになり、便秘の解消に効果が期待できます。ペクチンには血糖値を下げる働きもあり、脂肪の吸収・蓄積の防止にも役立つといわれています。

みかんの「白い筋」には美肌効果も?!

みかんを食べるとき、まわりについている白い筋を、きれいに取り除いてから食べるという方も多いかもしれません。実はここに、たくさんの栄養が含まれているのです。

栄養たっぷりの「アルベド」

白い筋は「アルベド」と呼ばれ、果肉よりも豊富なヘスペリジンを含んでいます。
冷え性改善のほか、新陳代謝の促進、ビタミンCの保護に効果を期待できます。またコラーゲンの生成を促し、美肌に導く効果があるともいわれています。
そして食物繊維も含んでいます。食物繊維によって腸内環境を改善することは、美肌につながる大切なポイントです。

みかんの「皮」がダイエットに効果的?!

普段はむいてしまって食べることのない皮にも注目。みかんの皮は、生薬や漢方としても使われており、ダイエットに効果的な成分がたくさん含まれているといわれています。

みかんの皮に含まれるカロテノイド色素のひとつ「β-クリプトキサンチン」は、血糖値を安定させ脂肪を蓄積しにくくする働きがあるといわれています。また、強い骨作りをサポートする役割もあり、丈夫な体に導く効果が期待できます。

香りにもダイエット効果が!

柑橘系の皮に含まれる「リモネン」という香り成分は、リラックス効果と代謝をアップさせる働きがあるといわれています。みかんの皮を食べることに抵抗がある方は、皮をお風呂に入れるなどして、香り成分を楽しむのもおすすめです。

焼くとさらに効果アップ?!

みかんを皮のまま焼くことによって、甘味もアップして食べやすくなります。
皮のまま、まるごと食べたいという方はぜひ焼いてみましょう。

青いみかんもダイエットにいい?

未成熟の青いみかんは、酸味成分「シネフリン」を含んでいます。
このシネフリンは脂肪を分解する酵素である、リパーゼを活性化すると言われているため、脂肪燃焼を促す働きが期待できます。
オレンジ色のみかんにも含まれていますが、青いみかんのほうが豊富であるため、より高いダイエット効果があるといわれています。

まとめ

体をあたためたり、香りでリラックスしたりするみかんは、冬にぴったりの果物。
間食にしたりして、ダイエットにも上手に取り入れてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース