【目指せ-10kg】食べてやせる!男性にもおすすめなダイエット法

【目指せ-10kg】食べてやせる!男性にもおすすめなダイエット法

働き盛りの男性はボリュームのある食事を求めがち。仕事に追われ不規則な食生活に陥ると体重も増加傾向に…。忙しい毎日でも、足りない栄養素を補えば、無理なくやせることが可能ですよ!半年で10kg以上やせたという体験談をご紹介します。

運動も我慢もしない、わがままダイエット!

身長178cm、体重は82.2kg、体脂肪は30.8%と、太り気味だった田中拓哉さん。ダイエットプログラムをスタートした後も、ハンバーグやステーキ、ピザなど、好きな食べ物を我慢することはなかったそうです。また、ジョギングを取り入れるなど運動量を増やすこともなく、プログラム前と変わらない日常生活を送っていたといいます。しかし、田中さんは半年で-10.8kgものダイエットに成功しました!

ダイエットを成功に導いた秘訣とは、何だったのでしょうか?

食事のバランスを改善☆

不足している栄養をプラス!

田中さんがダイエットプログラムを開始した当初、まずダイエットプラスの管理栄養士から指摘されたことは「朝食」を食べること。朝食を摂る習慣のなかった田中さんには、準備に手間のかかるメニューはNG。

そこで、無理なく毎日続けられるよう、玄米フレークにきなこをプラスするメニューが提案されました。玄米フレークは糖質を控えめにする働きがあり、さらにきなこを加えることで、良質なたんぱく質を摂取できるといわれています。

余分なカロリーはカット!

朝食を習慣化したことで、田中さんはいつも食べ過ぎていた昼食をちょうどいい分量に減らすことができるようになりました。
また、朝・昼の食事のバランスが整うようになったことで、自然と夜の食事にも配慮することができるように変化。昼または夜に高カロリーな食事を選んだ日でも、栄養バランスが整いだしたことで、糖質や脂質の摂取量を抑えられるようになったのです。

驚くほどの体調の変化

食事のバランスを整えていくうちに、自覚的な体調の変化があったと田中さんはいいます。

1.朝スッキリ起きられる
2.昼食後に極端に眠くならない
3.思考がはっきりして仕事がはかどる

ほかにも、階段の上り下りが楽になったり、活動的になったと感じたそう。また、お腹が苦しくなるという理由から敬遠していたジーパンも履けるようになるなど、良い変化について挙げはじめるとキリがないという変わりぶり!

自分の体は生きている限り付き合い続ける大切な相棒。田中さんはダイエットプログラムを通し、食事をバランスよく、正しく摂取する知識を得て、正しい体のメンテナンスを続けられる自信がついたといいます。

まとめ

ダイエットプラスの管理栄養士によるアドバイスは、忙しさのあまり運動の時間を割けない方にも、強い味方となります。田中さんのように、食生活を改善するだけで-10kgものダイエットに成功し、体調管理のコツまで掴むことができるようになるかもしれません。

管理栄養士の的確なアドバイスのもと、バランスの良い食事で健康的なダイエットを目指してみませんか?

▶管理栄養士とはじめるダイエットはこちら!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース