【理想はあるけど…】あなたが目指すべき体型とは?

【理想はあるけど…】あなたが目指すべき体型とは?

女性の憧れであるモデル体型。理想のモデルのような体型に近づけるよう、毎日ダイエットに励んでいるという方も多いのではないでしょうか。しかし、米国ボストン大学から、「女性の美しさの基準ともいえるファッションモデルの体型は、どんどん平均的米国人女性から遠くなっているようである」という研究結果が報告されました。今回は、この研究内容の紹介とめざすべき体型について解説いたします。

米国で行われた研究内容の詳細について

研究方法

記事によると、「研究チームは、身体属性の変化傾向を評価するために、1995年から2018年にかけてのヴィクトリアズシークレットのモデルを比較検討した」という方法で研究がおこなわれたそうです。

ヴィクトリアズシークレットとは、ランジェリーなどを主に扱うアメリカのブランドで、ランウェイショーは世界で最も多くの人が観るファッションショーといわれています。

ヴィクトリアズシークレットのモデルに選ばれるためには、体型にかなり厳しい条件があり、モデルの中でもトップクラスの人しか選ばれません。

研究結果

記事によると、「データ解析の結果、ヴィクトリアズシークレットのファッションモデルは、年を経るごとに、よりスリムに、より小さなバスト、ウエスト、ヒップ、ドレスサイズになっていたが、ウエストヒップ比は変化がなかった。対照的に、平均的米国人女性のウエストとドレスサイズは増加を続けている」とのこと。

つまり、モデルの体型と平均的なアメリカ人女性の体型は、年々かけ離れてきているということになります。

目指すべき体型とは?

モデル体型=目標となる体型?

そもそも、モデル体型は一般的な女性が目指す体型なのでしょうか?

ヴィクトリアズシークレットのモデルに限らず、モデルという職業の人は商品である服やランジェリーなどを魅力的に見せるため、厳しく体重を管理しています。

それでも健康的に美しく見えるのは、トレーニングや栄養のプロからのサポートを受けたり、時間とお金をかけて仕事としてしっかりとメンテナンスをおこなっている結果です。

しかし、一般の女性がプロのモデルのような体型を目指して無理なダイエットをおこなうと、体重は落ちても栄養が不足してお肌や髪が荒れてしまったり、体調を崩してしまう可能性もあります。

また、ストイックすぎるダイエットは大きなストレスとなりリバウンドにつながるおそれもあります。素敵なモデルを目標とすることはダイエットのモチベーションアップに効果的です。

しかし、憧れのモデルと絶対に同じ体型になる!と考えるより、自分にとって無理のない範囲で憧れのモデルの体型に近づきたい、と考えてダイエットをおこなうのがオススメです。

【管理栄養士が教える】体型維持のために実践している「3つのマイルール」

理想的なBMIは18.5~25未満

肥満度を表す指標としてよく用いられるのはBMI(Body Mass Index)という指数です。
BMIの計算式は【体重kg÷(身長m×身長m)】となっており、BMIの数値が18.5~25未満までが適正体重、18.5未満は低体重、25以上は肥満とされています。

ただし、適正体重はかなり幅広いので、BMIが25に近い方は健康体重であるBMI22をめざしてみましょう。

もっとスリムになりたい!という方でも、BMI18.5を下回る体重を目標にすると健康を損なう恐れがありますので、一度目標体重を見直してみるとよいですね。

【あなたの適正体重は?】健康的にやせるためにBMI診断をしてみよう!

まとめ

自分らしく、健康的で美しい体型をめざしましょう!

いかがでしたか?
スリムで美しいモデルは女性の憧れです。しかし、職業としてスリムな体型を維持しているモデルと、一般の方が同じ体型になろうとすることはリスクが伴います。

自分が健康的に美しくいられる体重を把握し、理想の自分をめざしてダイエットを進めていきましょう!

出典:国立健康・栄養研究所「リンクDEダイエット」より「今日の女性のための達成できない美しさの基準」
https://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=69258&-lay=lay&-Find.html
(アクセス日:3月31日)

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース