【鹿児島県のご当地食材】ほくほく美味しい!さつまいもの歴史や郷土料理をご紹介

【鹿児島県のご当地食材】ほくほく美味しい!さつまいもの歴史や郷土料理をご紹介

ほくほくとした食感でほんのりと甘いさつまいもは、通年スーパーなどで手軽に購入できるため、私たちの食卓には欠かせない食材の1つです。そこで今回は、鹿児島県のご当地食材でもあるさつまいもの歴史や郷土料理を紹介したいと思います。

さつまいもが鹿児島県のご当地食材になった経緯

どのように鹿児島県で広まったのか?

島津藩の兵士によって鹿児島県に持ち込まれた記録は1609年にさかのぼります。栽培された記録としては、1698年に種子島島主の種子島久基が琉球に使いを出してさつまいもを持ち帰ったといわれています。

その後、1705年に山川の船乗りであった前田利右衛門がさつまいもを自分の畑で栽培して近隣の人々に配ったところ、評判を呼び鹿児島県全般に広まったとされています。

さつまいもの栽培が鹿児島県で盛んになった理由は?

鹿児島県は、温暖な気候に恵まれていますが、台風が頻繁に襲来するため、時間をかけて育てた農作物に被害が及びやすいです。また、大部分がシラス台地でできているため、水捌けが良いのも特徴。

その中で、さつまいもは土壌がやせていても育ちやすく、地中で成長するために台風の被害も受けにくいことから、鹿児島県でさつまいもの栽培が根付いたといわれています。

平成25年農林水産省作況調査によると、鹿児島県の収穫量は374トンで全国シェアは40%にも及んでいたとのことです。

鹿児島県のさつまいもの味は?

多種多様

品種によって、味、食感、果皮や果肉の色なども様々です。品種を使い分けることで様々な用途に利用することができ、各種の加工品にも活用されています。

かごしまブランド産地に指定されている南九州市知覧町の紅さつまいもは、一年を通じて安定的に収穫できます。皮の鮮やかな紅色と中の上品な黄白色の対比や、口に入れたときのほっこりとした食感が特徴なため、どんな料理にも合います。そのほか、いぶすきの紅さつまいもは、5月下旬〜12月が旬となっています。

鹿児島県のさつまいもを使った名物料理を紹介!

郷土料理1:がね

さつまいもや野菜を太めの千切りにし、衣をつけて揚げる料理です。その見た目が「かに(鹿児島弁でがねという)」に似ていることから、この名がついたといわれています。砂糖を多く入れ甘めな味付けが特徴ですが、地域により具材や衣の材料は違います。

【京都のご当地食材】和菓子に欠かせない!大納言小豆の魅力に迫る

郷土料理2:からいもねったば

つきたての餅に蒸したさつまいもを入れて食べる餅料理です。「からいもんねーぼ」と呼ぶこともあります。「ねったぼ」の名の由来については諸説がありますが、「練ったぼたもち」からきたという説や、餅を「ぼったぼったと練ってつく」ところから来たという説があります。

【京都の伝統野菜】生産面でも効率的?万能食材「九条ネギ」の魅力

まとめ

鹿児島県のさつまいもで、郷土料理も楽しもう

鹿児島県のさつまいもは品種によるものの、一年を通して手に入れることができます。今まで鹿児島県の郷土料理を試したことのなかった方は、この機会に、鹿児島県のさつまいもを使って郷土料理を作ってみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「さつまいも」(鹿児島県農政部農政課)
https://www.kagoshima-shoku.com/2266
(アクセス日:2020年12月29日)

「鹿児島県 がね」(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/gane_kagoshima.html
(アクセス日:2020年12月29日)

「鹿児島県 からいもねったば」(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/karaimonettabo_kagoshima.html
(アクセス日:2020年12月29日)

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース