【447kcal】ゆっくり起きた週末ブランチに♪あったか豆乳スープ-ダイエット献立レシピ

この献立の栄養バランスをチェック!

豆乳には嬉しい効果があるんですよ♪

★栄養バランスポイント
・エネルギー:1食500kcal以内に抑えて着実にダイエット!
・イソフラボン:女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きがあるといわれ、女性ホルモンが減少することで起こる生理不順、更年期障害や骨粗鬆症予防へ効果が期待できます。
・たんぱく質:クックパッド ダイエットのダイエットトレーナーたちが算出したたんぱく質基準。これをクリアして全体を調整すれば「太らないからだ」に。

管理栄養士からのアドバイス

豆乳にはどんな嬉しい効果があるのでしょうか。
■たんぱく質…大豆に含まれるたんぱく質は植物性で、動物性たんぱく質に比べ低カロリーで脂肪になりにくい。

■イソフラボン…植物性化合物でポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロゲン)に似た効果があります。豆乳に含まれるイソフラボンをとることで、女性ホルモンが減少することで起こる生理不順、更年期障害や骨粗鬆症予防へ効果が期待できます。

■レシチン…リン脂質の一種で、リン酸と脂質が結合してできた成分です。レシチンには、記憶力の向上、認知症予防、細胞の老化防止、肝臓の働きを助ける効果などがあります。

「畑のたんぱく質」とも言われる大豆ですが、消化が悪いことが弱点。豆乳にすることで消化吸収がとても良くなるのです。豆乳を飲むだけでなくお料理にも活用して、毎日とるのがオススメですよ。

ダイエット献立をもっと見る

人気の献立はコレ!

●【486kcal】みんな大好き生姜焼き!大根をたっぷり入れて♪
●【448kcal】ダイエット中でも◎キノコの豆乳たらこクリームパスタ♪
●【479kcal】体の芯から温まる!ほっこり和風ロールキャベツ★

【ご注意】栄養価計算について

・栄養価計算結果は、1人分として掲載しています。複数人用のレシピは1人当たりの分量を想定し計算しています。
・栄養価計算はすべてレシピの食材の分量に基づきクックパッド ダイエットラボの管理栄養士が再計算しています。
・分量が曖昧な部分の各社の栄養価計算の基準が違うため、参照元のレシピの栄養価情報と異なる場合があります。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース