【この食べ方がダイエットに効果的!】うどん・そばを食べるときはココに気を付けてラクやせしよう!

そばやうどんは単品で食べていませんか?実はそれだけでは栄養素が不足して、バランスが悪いだけではなく、見ためにも物足りません。季節の食材を選んで不足する栄養素をプラスすれば、おいしさだけでなく、ダイエットや美肌にも効果的です。

うどんはだしを効かせた「かけうどん」で代謝アップ!

ダイエットにも効果的だった!

うどんはほとんどが糖質なので消化がよく、すぐにカラダへエネルギーを与えてくれます。消化の良さを活かすには、かつお節のだしを効かせた薄口の汁でいただく「かけうどん」がおすすめです。脳が働くためには糖質が必須。かつお節に含まれるアミノ酸にはエネルギー代謝を活発にし、同時に疲労感を和らげる働きがあります。うどんに不足しているビタミンB群やたんぱく質を多く含む食材をプラスすれば、朝から仕事に集中できます。また、かつお節に多いアミノ酸の一種ヒスチジンは脳内でヒスタミンに変わり、アドレナリンの分泌を促して、脂肪が燃えやすくなるのでダイエット効果もあります。

薬味がダイエットにポイント!

唐辛子、しょうが、ねぎは余分な脂肪を燃焼させ身体を温める効果が!

うどんの薬味に使われる唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪の代謝を促し、身体を温めます。しょうがやねぎにも同じ効果があり、薬味は味のアクセント以上に健康効果があります。また、スパイスは組み合わせることでダイエット効果が高まるといわれるので、多種類のスパイスで作られているカレーは、辛みのマイルドでお腹にもやさしく、うどんと組み合わせたカレーうどんは、不足しがちな栄養素を補えるハイブリッドなメニューです。牛乳を加えたミルクカレーうどんも朝食にぴったりです。

うどんとそばはどっちがダイエットに効果的?

低GIのそばがダイエットにおすすめ!

そばの成分の中で知られているルチンは、毛細血管を強化し、血管をしなやかに保つ働きがあります。血流が良くなるので冷えの予防に役立ちます。また、穀類の中で一番ビタミンB1、B2が豊富に含まれるので、代謝アップが計れ、疲労感を和らげます。

そばのおすすめな食べ方!

この季節には、お蕎麦屋さんで、柚子切りというそばを見かけることがります。
柚子切りは、季節のゆずをそば粉に練りこんだ香りのいいそばです。お店で見かけたら選んで、季節を感じてください。自宅で香りを楽しみたいときは、かけそばにゆずの輪切りをたっぷりのせます。ゆずからビタミンCや食物繊維がプラスできます。ゆずの白い内側の皮に含まれレスペリンにも、毛細血管を強化し、冷えを予防する働きがあるのでおすすめです。
また、いろいろなきのこが出回る季節は、きのこそばもおすすめです。鶏肉や温泉卵と組み合わせると、食物繊維やたんぱく質がプラスできます。たんぱく質は身体を温める働きがあるので寒い季節の朝食に欠かせません。

昔ながらの鴨南ばん、月見そば、にしんそばも、ハイブリッドメニューです。

まとめ

麺類は塩分が多くなると敬遠されますが、だしを効かせた薄口の汁で仕立てたかけうどんやかけそばなら、お吸い物のように汁まで楽しめます。温かいうどんやそばはすぐに身体を温めてくれるので、寒い季節にはうれしいメニューです。不足する栄養は昔ながらの食材の組み合わせや、新しい組み合わせでハイブリッドに楽しみませんか。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース