【日本人は太りやすかった?!】これを知れば簡単にダイエットが成功できるかも?!

なかなか痩せられない原因や、肥満の原因は遺伝子が関係しているかもしれないことをご存知でしょうか?肥満遺伝子にはタイプがあるため、自分のタイプを知り、それに合ったダイエットに取り組むことがおすすめされています。肥満遺伝子やその検査方法についてご紹介します。

肥満の原因は遺伝子にある?!

同じ食事や運動でもヒトによってやせやすさは異なる!

体質はヒトによって様々ですよね。お肉のつきやすい部位や、筋肉の量、食べる量に対しての太りやすさなどは異なります。やせると話題のダイエットをしていても何故か自分はやせにくかったり、食べても全然太らない友達がいるのに自分は少し食べただけで太りやすかったりと悩んでいる方は少なくないでしょう。その原因の1つに、遺伝子が関係していると言われています。遺伝子のタイプにより太りやすい栄養素や、身体の代謝量は異なると言われているんです。

タイプに合わせたダイエットを行うことが大切

肥満遺伝子の種類は、それぞれ体質が異なることから何十種類にも及ぶと言われています。その中でも、日本人の多くは<リンゴ型><洋ナシ型><バナナ型>の3種類のどれかの遺伝子を持っていると言われています。それぞれのタイプには特徴や傾向がありますが、自分の正確な遺伝子タイプは検査で知り、そのタイプに合ったダイエットを行うといいでしょう。

■【太ったなと思ったら!】実は無意識にやっているかもしれない太る習慣って?

日本人女性に多い肥満遺伝子とは?

リンゴ型 (β3AR遺伝子)

日本人の約30%がリンゴ型の肥満遺伝子を持つと言われています。リンゴ型は内臓脂肪がつきやすいタイプなので、お腹に脂肪を溜めこむ傾向にあるようです。また、リンゴ型は男性に多いと言われています。

洋ナシ型 (UCP1遺伝子)

日本人の約35%が洋ナシ型の肥満遺伝子を持つと言われ下半身に脂肪がつきやすく、筋肉質な傾向があるようです。洋ナシ型は女性に多いと言われています。

バナナ型 (β2AR遺伝子)

日本人の約25%がバナナ型の肥満遺伝子を持つと言われ、食べても太りにくい体質とも言われています。バナナ型の男女比は半々くらいと言われています。

■【太る原因はココにあった!?】絶対に見直すべきやせるための解決策って?

正確な検査方法は?

病院や遺伝子キットを活用する

自分の肥満遺伝子のタイプを正確に検査するためには、病院での検査や、肥満遺伝子キットを購入して検査する方法があります。採血などはなく、頬の内側の粘膜を摂るだけなので簡単に行うことができるでしょう。

自分の体質や自分に合ったダイエット方法を知ることができる

検査をし、自分の肥満遺伝子タイプがわかることで、自分の体質や効率的なダイエット方法を知ることができるかもしれません。なかなかやせない…とお悩みの方は是非試してみてはいかがでしょうか。

太る原因や、やせにくい原因は食生活の他にも肥満遺伝子が関係しているかもしれませんね。是非正確な検査を行い、自分の体質を知り、効率的なダイエット方法を見つけてみましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース