【やせる食事法が本当にあった!?】食事制限は一切せずにラクしてダイエットをする方法って?!

ダイエットと聞くとどうしても食事を制限することを想像してしまいますが、実は食事制限をしなくても食事方法を意識するだけでダイエット効果があると言われています!どんなことを意識して食事を摂るべきなのか、やせるための食事法についてをご紹介します!

食べながらやせるという考え方にチェンジ!

ダイエット中は食べたいものを我慢して食事制限をしがちですが、極端な食事制限はリバウンドを招く可能性が高くなったり、肌トラブルを招いたりといったリスクがあります。しかし、食事への意識を少しだけ変えることでダイエット効果が期待できるのです。ここからは「やせる食事方法」をお教えします。

バランスのいい食事を!

ダイエットをする中で栄養バランスが良い食事を考えるのは難しいし面倒くさいですよね。そこでおすすめしたいのが計量などを使わずに、自分の手を目安にして栄養バランスを計る方法です。ごはん(白米)は軽く握りこぶしを握った程度を、たんぱく質は手のひらのサイズ、野菜(キノコ類や海草もこれに含みます)は両手のひら一杯分を整えた食事を意識することをおすすめします。

■ダイエット中の【カロリー計算】はもう不要?! その場で簡単!食事バランスが整う方法とは?

栄養バランスの考え方

栄養バランスが整った食事を摂ると良い理由を見ていきましょう。

■炭水化物
ダイエットとなると炭水化物を全く摂らないという選択をしがちです。しかし、炭水化物はカラダの大事なエネルギー源となります。極端に制限をしてしまうと逆に余分な脂肪などもため込みやすくなってしまうことがありますので、適度に炭水化物を摂ることは重要なのです。

■たんぱく質
肉などに含まれるたんぱく質にはカラダを作るもとになります。たんぱく質が不足すると、筋肉量の低下を招き基礎代謝までもが低下。こうなるとダイエットには不向きな体になってしまいます。そのため、たんぱく質はしっかりと摂る意識をもちましょう!

■野菜類
野菜には食物繊維が含まれており、急激な血糖値の上昇を抑制する役割を果たします。また、食べ過ぎ防止効果や肌トラブルの改善効果も期待ができる野菜はダイエットには欠かせないでしょう。

食べる順番を意識してダイエット!

では、食べる順番はどのようにするのがいいのでしょうか?
最初は副菜・汁物(野菜、キノコや海草などの食物繊維)を取り入れて血糖値の上昇を抑えるように心がけましょう。次にメイン料理(肉・魚などのたんぱく質)、最後は主食(ご飯やパンなどの炭水化物)といった順番が理想的です。

■「食べ順ダイエット」とは?管理栄養士がポイントを解説します

食べる順番が太りにくくする

食物繊維は消化に時間がかかるだけでなく、体内で水分を吸収し膨張するという性質をもっています。そのため、満腹感を得られやすく食べ過ぎ防止に繋がりますよ。また、炭水化物を先に食べると血糖値も上昇しやすくなってしまうため、先に野菜などの食物繊維を食べておくと、その吸収や血糖値の上昇が緩やかになり太りずらい食べ方に繋がります。

食べる時間帯や噛む回数も大事

いくら食べる順番を意識していても、食べる時間帯が遅かったり噛む回数が少なく早食になってしまっては太りやすくなる可能性が高まります。

■食事の時間帯
朝、昼、夜の食事の時間帯は自分の生活リズムに合わせて決まった時間に食べるといいでしょう。また、夜の食事は遅くても寝る3時間前には済ませておきましょう。

■噛む回数
噛む回数としては一口30回程度噛むことが理想的です。噛むことによって満足感も得られ食べ過ぎを防ぐことになるのでおすすめです。

■【夜中の食事の恐ろしさを本当に知ってる?】コレを知れば簡単にやせられる方法があった?!

いかがでしたでしょうか?

無理な食事制限をしてストレスが増えれば、ダイエットを続けるのは難しくなります。しかし、ダイエットは食事の意識を少し変えるだけでも行うことができるものだと言われています。運動も組み合わせて、ぜひ健康的に無理のないダイエットを実践してみませんか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース