【夜中の食事の恐ろしさを本当に知ってる?】コレを知れば簡単にやせられる方法があった?!

夜遅くに食事をすることはダイエットに良くないと聞きますよね。しかし、仕事の都合で22時以降でないと食事の時間をとれないという方も多いのではないでしょうか?体と時間のメカニズムを知って、22時以降の食事法について考えてみましょう!

夜中の食事が太ると言われる理由

「BMAL-1」というたんぱく質

私たちのカラダの中には、「BMAL-1(ビーマルワン)」というたんぱく質があり脂肪蓄積を調節する作用があります。そんなBMAL-1は、夜21~22時から深夜2時の間がもっとも活発にはたらく時間帯であると言われ、その時間に食事をすると脂肪が蓄積しやすく、太りやすくなると言われています。

夜型になると危険!

BMAL-1が増える時間帯は夜中ですが、反対に減る時間帯は昼間と言われています。BMAL-1が減少するのには太陽の光と関係があり、太陽を浴びることでBMAL-1の減少に繋がると考えられています。なので、夜型の生活をしている方は十分に日光を浴びれない可能性があるので、太りやすくなると言われています。また、最もBMAL-1が少ないとされる時間がおやつの時間と言われる昼の15時頃が太りにくいとされています。甘いお菓子を食べるにはこの時間帯に食べるようにしましょう。

■【油断は禁物です】あなたの危険行動を改善!やせやすい体質になる方法って?

夜中に食事を摂る場合

夜遅い時間の食事のポイント

夜遅くに食事を摂るのが良くないことはわかっていても、仕事や予定の都合などでどうしても遅い食事になってしまうこともあるでしょう。その場合には、ちょっとしたポイントをおさえて、なるべく健康的な食事ができるように気をつけましょう。

食事内容に気をつけよう!

夜遅くに食事をたっぷりしてしまうと脂肪の蓄積に繋がるため太りやすくなる可能性があります。夜は寝るだけなので、日中ほど多くのエネルギーを消費することがありません。そのため食事量を控えめにするとカラダへの負担も少なくなります。しっかりと食事を摂る場合は野菜やきのこ、海藻など食物繊維が豊富な食品を摂ると満足感が得られやすいですよ。豆腐や肉、魚などのたんぱく質も脂肪として蓄積されずらいと言われているのでおすすめです。炭水化物を食べるとしたら、消化のいいうどんや雑炊、普段よりも白米の量を半分にするなど調節してみるのもおすすめします。

食べる順番やしっかり噛むことを心がけよう!

太りずらいとされる順番は食物繊維の多い野菜類から摂ることです。その次におかずなどのたんぱく質。次に炭水化物という順番を心がけましょう。食物繊維はお腹の中で膨らむので、満足感を得やすくなるでしょう。また、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎの防止効果が期待できます。理想として、30回程度噛むといいでしょう。

■【痩せない原因はコレ?!】ダイエット中は「何を食べたか」ではなく「いつ食べたか」も重要だった!

最後に

忙しく生活していると夜中に食事をすることが増えたり、食事のタイミングが不規則になったり遅くなったりしまうことを避けられない場合があると思います。そんな時は、夜中に食事をする場合の注意点やポイントをおさえた食事法を意識し、ダイエットや健康にいい方向になるように考えていきたいものですね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース