【夏に太らないための秘密】ダイエット中でも太らないアイスの選び方があった!?

ダイエット中なのに無性にアイスが食べたくなってしまうこもありますよね?しかし、我慢しすぎるのは逆にストレスになってしまうこともあります。そんな時には、味もカロリーも満足できるアイスを試してみるのはいかがでしょうか♪

アイスクリームの種類

アイスの種類は4種類

現在アイスは、数えきれないくらい多くの種類が販売されています。これらのアイスは、乳固形分の入っている割合に応じて、次の4つに分類されています。

<アイスクリーム> 
乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%以上のもの
乳固形分と乳脂肪分が特に多く含まれます。脂肪分が高いのでよりコクがあるミルクの風味が感じられます。

<アイスミルク>
乳固形分10.0%以上うち乳脂肪分3.0%以上のもの
アイスクリームと比較すると乳固形分と乳脂肪分は少なくなりますが、牛乳と同じくらいの乳成分を含むと言われています。

<ラクトアイス>
乳固形分3.0%以上のもの
乳固形分はさらに少なく乳脂肪分の基準は特にありません。ミルクの風味が少なくさっぱりとした味わいで、比較的安価なものが多いです。植物油脂が使われることもあります。
乳脂肪分の成分規格はなく、また、ミルク感を出すために植物油脂を使われる場合もあると言います。

<氷菓>
上記以外のもの
乳固形分はほとんどありません。シャーベットやアイスキャンディー、かき氷などが該当します。

▶【内臓脂肪を減らす?!】牛乳は「カルシウムが豊富」なだけではなかった!?

ダイエット中にオススメなアイス

低カロリーなアイスって?

気になるカロリーは、アイスごとに量や種類が異なりますので一概には言えませんが、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスはカロリーが高い傾向にあり、氷菓は比較的低カロリーなものが多いと言われています。そのため、ダイエット中にどうしてもアイスを食べたくなった場合には、氷菓を選択することがおすすめになります。


ダイエット中にアイスを食べる注意点

時間帯を意識

アイスに限った話ではありませんが、1日24時間の中には太りにくい時間帯と太りやすい時間があります。いつ食べても同じというわけではなく、脂肪蓄積を調節するホルモンがでやすい(太りにくい)15時頃がベストと言われています。逆に、深夜や寝る直前などは控えた方が良いでしょう。また、糖質が吸収されやすい、空腹時に食べることは控えるようにしましょう。

ダイエット中に気をつけたいことは?

アイスの中でも乳脂肪の多いアイスクリームがダイエットに向いていないと思われがちですが、植物性油脂を加えるラクトアイスも比較的高カロリーです。購入前には商品に種類や栄養価が記載しているので、是非意識してみてくださいね。

まとめ

少しの工夫で、ダイエット中でもアイスが食べられそうですよね!我慢によるストレスで太ってしまうこともありますので、食欲とは上手に向き合って、ダイエットを進めていくことが大事ではないでしょうか。アイスを食べすぎたり、アイスだけの生活はかえって肥満の原因にもなりますので、毎日の三食の食事を基本としてダイエットに取り組んでくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース