【ラクだから続けられる!】1日10分で効果絶大の「ヨガポーズ」3選!

海外セレブやモデルさんなど美容への意識が高い人たちの間で人気のヨガ。また、特徴的なポーズを取ることによって、部分別へのダイエット効果も望めると言います。今回は、数あるヨガポーズの中で、お腹やせが期待できるポーズを3つご紹介します。

ヨガのいいところ!

運動が苦手でも筋力アップ?

ダイエットをする上で欠かせない運動。しかし運動が嫌いな方や苦手という方も多いでしょう。そんな方にはヨガをおすすめします。ヨガは他のスポーツとは違い、技術や道具、体力なども必要ないので、運動習慣がなくても簡単に実践できて筋力の向上にも期待ができるのです。筋力の向上もよって消費されるカロリーが増えると、余分な脂肪が蓄積される心配も減りますよね。また、筋肉が増えると太く見えそうですが、ヨガのポーズはゆっくり少しずつ鍛えることで柔軟な筋肉がつくので、体型に響きにくいのです。

肩こり、冷え性、むくみにも効果的?!

病院で治療するほどではないけど不快な冷えや肩こりなどの症状に悩んでいる方にもヨガをおすすめします。呼吸法と筋力が向上することで代謝も上がり、血液の流れををスムーズにすることに繋がります。すると冷えや肩こり、腰痛、むくみなどの症状が改善・軽減に期待ができます。また、ホルモンバランスを整える効果もあると言われ、女性特有の不快な症状などの軽減にも役立つでしょう。

【ヨガとは違う!?注目の○○○!】本当にあなたに合うのはどっち?

ヨガの秘密は呼吸法にあった!?

ヨガを行うにあたって、とても重要になるのが「呼吸法」です。呼吸は、私たちが生きるためにも欠かせない動作でもありますよね。私たちとって当たり前のことすぎて、普段の生活では意識して考えるこはないでしょう。しかし、この呼吸に意識を向けるのがヨガです。当たり前に行っている「吸う」 「吐く」といった動作は、血液中に酸素を取り込み、不要な二酸化炭素などの毒素を排出します。さらに肺機能を改善したり、深く呼吸することで血液の流れが改善され、冷えなども解消されると言われています。

腹式呼吸で、酸素を体に取り込む。

ヨガの呼吸法には様々な種類があります。リラックス効果が期待できる「腹式呼吸」や酢元気な体づくりに「胸式呼吸」など、自分に合った呼吸法を見つけて実践してみましょう。それでは、数あるヨガポーズの中でも、特にお腹やせに効果が期待できるポーズを3つご紹介します。

▶【1日10回でOK!】深呼吸するだけでぺたんこお腹になれるって本当だった!?

やってみよう!お腹やせヨガポーズ

舟のポーズ

1.脚を伸ばして座ります。
2.体育座りの状態になり、両腕を前に伸ばします。
3.脚のを床からあげてVの字をつくるような感じで脚全体を伸ばします。
※この状態のままを10~20秒続けましょう。
ウエストや太もものシェイプアップにも効果が望めるのが魅力です。

丸太のポーズねじりVer.

1.脚を伸ばし、揃えて座ります。
2.足首を直角にし、両手の平で床を押しながら腰を持ち上げ、上体を床が直角になるように背骨を伸ばします。
3.右手は左膝の外側、左手はお尻の横に置き、息を吸いながら背骨をのばし、息を吐きながらゆっくりとねじります。
※反対も同様に行います。

この「ねじり」により、筋肉を鍛えるだけではなく体の浄化や臓器の調子を整える働きが見込めます。

かんぬきのポーズ

1.正座から立て膝の状態になります。
2.右足のかかとが左足の膝と同じラインにくるように右側に伸ばし、両手は肩の高さに合わせて左右に伸ばします。
3.そのままゆっくりと体を右側に倒します。
4.足を替え、反対側も同様に行います。

片方の膝を支点に両側に体を倒すポーズです。骨盤の歪みを整え、お腹のラインも引き締める効果に期待できます。

今回ご紹介したヨガは、手が空いた時にどこでもできる簡単なものばかりです。
ヨガは精神をも整えてくれると言われています。お腹の引き締めと同時に気持ちもきれいにメンテナンスして、心もカラダもすっきり美人を目指しましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース