【栄養効果はバツグン!!】「しらす」がダイエットにオススメな理由って?

しらすには、カルシウムが豊富に含まれていることで、皆さんもよく知っていますよね。実はそれ以外にも、美肌効果やダイエット効果が期待できる栄養素が多く含まれているのをご存知ですか?今まで特に気にして食べていなかったという方も、ぜひチェックしてみてください。

しらすって?

ご飯のお供として定番なしらすは、イワシの稚魚で成長に伴ってシャコ、イワシと呼び名が変わっていくほか、加工法でも呼び名が変わります。生のままだと「生しらす」、塩を入れたお湯でさっと茹でたものを「釜揚げしらす」、釜揚げしらすを天日で半干ししたものを「しらす干し」、しっかり干したものを「ちりめん」と呼びます。しらすと言っても様々な種類があり、奥深いですよね。皆さんはどのしらすがお好みですか?

しらすに含まれる栄養素は?

カルシウム補給に効果的

しらすは、骨や内臓などを気にすることなく、丸ごと食べられる食材なので、捨てるところがない分とても栄養価が高いです。その中でも特にカルシウムが豊富なのはお馴染みですよね。カルシウムは、歯や骨を丈夫にしてくれたり、骨粗鬆症の予防に期待できるほか、ストレスの緩和・改善や筋肉の収縮に関わる重要な働きをしてくれると考えられています。

DHAとEPA

不飽和脂肪酸であるDHAとEPAは、欠かせない栄養素ですが私たちの体では作り出すことのできないため、食事から摂取する必要があります。

DHAは、記憶力の向上や認知症予防などの老化防止効果があると言われています。また、中性脂肪の減少や悪玉コレステロールの値を下げる効果が期待できるので、ダイエットにも効果的に働くを考えられています。EPAは、血流を改善して代謝アップに役立ちます。

▶【こんな食べ方もあり?!】「しらす」に含まれる栄養素がダイエットに大活躍?!

食べ過ぎは注意!

しらすのカロリーは、ひとつまみ(約5g)あたり6~10kcalほどと低いため、ダイエット中の方も安心して食べることができるのではないでしょうか。しかし、いくら低カロリーだからといえ、しらすは白米との相性はバツグンです。そのため、白米の食べ過ぎに繋がってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ダイエットに取り入れるのであれば食べ方を工夫する必要があるでしょう。しらすとの組み合わせでおすすめなのが、お酢やポン酢と組み合わせるといいですよ。酢にはカルシウムの吸収率を高める働きがあるので、より効果が上がりますよ。

▶【やせにくいと感じている人へ!】ちょっとの工夫で健康的にスルスルやせる秘策とは?!

まとめ

しらすはそのまま食べても美味しいうえに、料理に使っても美味しい万能食材です。赤ちゃんからお年寄りまで食べられて、栄養満点です!あの小さな体にたっぷりの栄養を含んだしらすを、毎日の食事にぜひ加えてみて下さい♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース