【脂肪燃焼効果がスゴイ?!】「酢たまねぎ」が今話題となっている理由とは?!

たまねぎと酢の優れた効果を合わせた「酢たまねぎ」があります。2つの食材を合わせることで、それぞれが持つ血流を良くしたり疲労回復に効果が期待できると言われています。今回は最近注目の「酢たまねぎ」についてご紹介します!

酢たまねぎとは?

「酢たまねぎ」は一般的に、たまねぎを酢に漬けたものを言います。食材によっては、一緒に食べることで栄養成分が失われる食べ合わせがありますが、酢とたまねぎの場合は一度に両方の健康効果を得ることができると言われています。

▶【食べるだけで太りにくくなる?!】「酢キャベツ」ダイエットの効果って?!

酢たまねぎの効果

体脂肪が減る?!

お酢には、肥満傾向にある方が毎日継続的に酢を摂り続けたら、内臓脂肪はもちろん、体重や腹囲などにも変化があったという実験結果が明らかとなっています。さらには、たまねぎに含まれるケルセチンにも体脂肪を減少させる効果が期待できます。たまねぎを毎日の食生活に取り入れれば、ダイエット成功へ近づけそうですよね。

冷えやむくみ、肩こりも解消してくれる

たまねぎは血液の流れを良くすることで知られていますよね。さらには、血栓やコレステロールの代謝を促して、血栓をできにくくします。この働きから、高血圧や糖尿病などの生活習慣病予防はもちろん、冷えやむくみ、肩こりなどの解消にも繋がると言われています。

お腹の調子を整える

酢の酸味は唾液や胃液の分泌を促し、消化吸収の手助けをします。また、たまねぎが含むオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。その結果、便秘の解消・予防効果が期待できると言われています。

▶【酢のパワーが効果絶大?!】「レモン酢」がダイエットに効果的なワケって?

酢たまねぎの作り方・アレンジ

酢たまねぎレシピ~材料~

<材料>
■たまねぎ
■酢(りんご酢や黒酢、穀物酢などお好みで変更も可)
■はちみつ
■水
■塩
<用意する器具>
■鍋
■保存用容器(保存容器は煮沸消毒するか熱湯を回しかけたもの)

<基本的な作り方>
1.皮をむいたたまねぎを薄くスライスする。
2.鍋に酢、はちみつ、水、塩を入れて混ぜ、中火にかける。
3.煮立ったらたまねぎを加えてしんなりするまで3分程度煮る。
4.鍋を火からおろして冷ます。
5.4を保存容器に入れてふたをする。(食べるのは30分程度置いてから)

※冷蔵庫で保存し、1か月を目安に食べきりましょう。食べる際に雑菌が入らないように清潔な箸やスプーンを使いましょう。

酢たまねぎアレンジ☆

酢たまねぎは他の調味料との相性もよく、色付きたまねぎを使えば彩りも良くなります。サラダに加える以外にも、たまねぎの代わりに酢たまねぎを使って、煮物や炒め物を作っても美味しいのでオススメです。

■酢たまねぎ+ソルトバジル
塩とバジルの絶妙な旨さと酢たまねぎがマッチして絶品です。刻んだきゅうり、トマトに酢たまねぎを加えてソルトバジルをかければ、ワインにもあう副菜になります。

■酢たまねぎ+醤油or和だし
和風の味になります。薬味がわりに豆腐にのせて食べても良いですね☆

■紫たまねぎを使った酢たまねぎ
酢の効果で綺麗な紫色になります。紫たまねぎには眼精疲労に良いといわれるアントシアニンが含まれており、ほんのり甘みもあるので食べやすい酢たまねぎになります。

まとめ

酢たまねぎは酢とたまねぎの両方の成分を丸ごと摂取できます。簡単に作ることができて、アレンジも豊富で料理にも幅広く活用できて便利なことから、今話題となっているようです。是非酢たまねぎをたくさん食べて健康的なダイエットをしましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース