【忘年会の時期に必須!】飲み会でも太らない方法をちゃんと知ってる?

年末年始の時期は、忘年会や新年会などの飲み会が連日のように入ってしまうことはありますよね。しかしダイエット中の方には、脂肪分が多い食事やアルコールはなるべく避けたいもの。そんな飲み会を楽しくするために!太らないように食べるポイントやメニューをご紹介します!

居酒屋メニューの定番はダイエット向き!

飲み会で出てくる確率が高い定番メニューは、ダイエット中に食べるおつまみとして優秀だと言われています。なかでも枝豆や冷奴、お刺身などは低カロリーで、ダイエット時にも安心して食べることができるのではないでしょうか。しかし、中にはダイエット中に向かないメニューもたくさんありますが、ダイエット中だからといって、飲み会を断ることなんてできませんよね。そこで今回は、ダイエット中の飲み会において居酒屋メニューを選ぶときに注意したい点や、食べ方のポイントをご紹介します!

▶【管理栄養士が教える】お酒・おやつ・夜食を食べたい時におすすめのレシピって?!

居酒屋メニューで注意するポイント

味の濃いものは控えめに

基本的に味の濃いものは塩分量が多く、高カロリーであることが多いため、注文時には食材そのものの旨味をいかした料理を選ぶと良いでしょう。焼き鳥であればタレではなく塩を、サラダではドレッシングをかけ過ぎないようにするのがポイントです。

炭水化物を選ぶときは

炭水化物には、お米や麺類、パンなどがあります。これらを食べ過ぎてしまうと太る原因になります。チャーハンやラーメン、焼きそばなどは、油を多く使っている可能性が高いので注意したいメニューです。オススメなのは、油などの余計な調味料が入っていないお茶漬けやおにぎりなどを選ぶといいでしょう。

食べるときのポイント

食べる順番に気をつけよう

食べる順番を気をつけるだけで、太りにくくなると言われています。急に糖質が多い食事をすると、血糖値は急激に上昇してしまい、体に脂肪が蓄積される原因になり、太ることに繋がります。これを避けるためには、先にサラダや汁物などの野菜、きのこ類、海藻が多く入っているものから食べるようにして、その次に焼き鳥やお刺身などのたんぱく質が多いものを選びましょう。最後に、ご飯や麺類などを食べると、血糖の上昇が緩やかになるので太りにくくなりますよ。

よく噛んで食べる

食事の時には、一口につき30回程度よく噛んで食べることが理想的です。よく噛むことで、満腹中枢が刺激されて少量でも満足でき、食べ過ぎや飲みすぎを防ぐことに繋がるでしょう。

▶【お酒好きさん必見】「ごま」には二日酔いを予防する効果があった?!

最後に

年末になると忘年会シーズンに突入し、外食続きになってしまう事もありますよね。さらにそんな時期はクリスマスやお正月などのイベントも盛りだくさんで、どうしても体重増加が気になってしまう方も多いはず。しかしご紹介したポイントをおさえれば、ダイエット中でも安心して食事を楽しめるのではないでしょうか?ぜひダイエット中でも楽しく忘年会に参加しましょう!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース