【材料はたったのコレだけ?!】「豆乳ヨーグルト」でポッコリお腹を解消する方法って?

健康や美容に良い食材と言われるヨーグルト。自宅で作っているという方も多いのではないでしょうか。最近では牛乳の代わりに豆乳が使われたヨーグルトが注目されています。そこで今回は健康や美容に効果を期待できる「豆乳ヨーグルト」の作り方などをご紹介します!

豆乳ヨーグルトって?

最近は、ヘルシーで美味しい豆乳ヨーグルトが注目を集めています。豆乳ヨーグルトは、低カロリーでたんぱく質やレシチン、大豆イソフラボン、サポニンなどの体に嬉しい栄養が豊富に含まれているところが特徴です。

▶【脂肪の蓄積を防ぐ?!】「豆乳」がダイエットにおすすめな理由って?

豆乳ヨーグルトの持つ効果

ポッコリお腹の解消

女性の悩みの1つである便秘におすすめしたいのが豆乳ヨーグルトです。豆乳に含まれる大豆由来のオリゴ糖がヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、整腸作用により期待ができます。腸内環境が良くなることで便秘解消はもちろんのこと、免疫力が高まって風邪をひきにくくなったり、嬉しい効果をたくさん実感できるようになると言われています。

女性ホルモンを整える

豆乳にはイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、月経トラブルや更年期症状などにお困りの方におすすめです。また、肌や髪の毛にも潤いをあたえる効果が期待できます。

ダイエット効果

豆乳ヨーグルトには大豆サポニンという栄養成分が含まれています。大豆サポニンには血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果が期待できるため、肥満予防に効果的だと言われています。さらに、豆乳ヨーグルトは満腹感が持続すると言われているため、食べ過ぎを抑えられてダイエット効果も期待できますよ!

豆乳ヨーグルトの作り方

種菌の作り方

<材料>
■無調整豆乳 200ml
■無農薬の玄米 ティースプーン山盛り1杯
■ふた付き容器

<作り方>
1.玄米を軽く洗い、容器に入れて豆乳を60ml加える。ふたをして2~3日常温で置いておく。(トロッと固まればOK。)
2.さらに60ml注ぎ6時間~半日程度置く。
3.残りの豆乳を加えて、ふたをしてまた常温で置いておく。表面が固まったら、種菌が完成です!

豆乳ヨーグルトの食べ方

・種菌が完成したら、冷蔵庫で保管しましょう。
・コップ一杯ほどの豆乳に種菌をスプーン一杯ほど加えてかき混ぜます。ラップをかけて常温で一晩寝かせれば完成です!(できあがった豆乳ヨーグルトを種菌にすれば、何度も作ることが可能です。)

はちみつや果物と一緒に食べるのも美味しいですが、さらに、様々な料理の隠し味や下ごしらえに幅広く使えるのも魅力のひとつです。自分なりにアレンジ方法を探し出してみてくださいね。

まとめ

豆乳ヨーグルトは健康にも美容にもメリットの多い食品です。豆乳ヨーグルトの作り方は様々にありますのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?豆乳ヨーグルトを食べる習慣を作り、体の中も外も綺麗になりましょう。また、牛乳や大豆製品などにアレルギー症状を感じやすい方は取り扱いに注意してください。

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース