【1日たったの5分で!】超簡単にペタンコお腹を作る方法があった?!

お腹周りの中でも、特に二段腹って気になりませんか?実は筋肉を鍛えることだけでなく、二段腹を解消するためには特別な方法があると言われています。今回は二段腹の原因やその解消法、エクササイズをご紹介します!

二段腹の原因とは?

原因を知ることが大事!

「お腹周りのダイエットには腹筋をするべきだ!」と思っている方は多いでしょう。しかし腹筋をしてみても、なかなか効果が表れないと感じていることはありませんか?それは通常の腹筋運動で鍛えられるのは皮膚に近い外側の筋肉だからです。しかし、二段腹の原因は外側の筋肉のたるみだけではありません。では、次に二段腹になると考えられる2つの原因をみていきましょう。

内臓下垂が原因?!

外側の筋力の低下だけではなく内側の筋力「インナーマッスル」の低下によって、内臓を支えている力が落ちてしまうことが大きな原因の1つだと考えられます。姿勢が悪くなることで、骨盤が歪み内臓が下がってしまうことがあります。さらに悪い姿勢が原因で、インナーマッスルが低下し内臓が支えられず、内臓全体が下垂してしまうことがあるのです。

▶【無理なくお腹をペタンコに!】「三段腹」の解消法はこんなにラクだった?!

皮下脂肪がついていることが原因?!

お腹付近のインナーマッスルが低下していることでお腹中心に脂肪がつきやすくなってしまいます。たくさんの脂肪がお腹につくことで、二段腹になっている恐れがあります。

二段腹の解消法とは

良い姿勢で過ごす!

二段腹は姿勢が悪いことで、内臓下垂が起こってしまうことが分かりました。意識だけで変えられる簡単な解消法は「良い姿勢で過ごす」ということです。

坐骨で座る

1.座面に両手をおき、手の上に座ります。
(手にお尻の骨がゴリゴリ当たる感覚があれば、それが坐骨です。)
2.手を外して、坐骨がイスの座面に当たるように座ります。
(骨盤を立てるように意識します)
3.背筋をまっすぐ伸ばします。

さらに、膝から下はくっつけて座るように意識することで、良い姿勢で座ることができます。初めのうちは正しい姿勢でいることが疲れることもありますが、少しずつでも続ける努力をしましょう。正しい座り方ができれば、自然と立つときも良い姿勢で立てるようになるでしょう。

▶【やせる体質をつくる?!】超簡単!3ステップでなおす猫背改善法とは?!

二段腹に効果的なエクササイズとは

インナーマッスルを鍛えよう!

二段腹を解消するためには、インナーマッスルを鍛えることが効果的だと言われています。簡単に行えるうえに、効果的なエクササイズを2つ紹介します。

ドローイン

1.息を吐きながら、ゆっくりお腹をへこませていきます。
2.お腹をへこませた状態を10秒以上キープし、自然な呼吸を続けます。

ドローインダイエットとは、お腹を意識的にへこませるという簡単な方法です。気が付いた時にいつでもどこでもできるエクササイズとして、とても魅力的ですよね。

インナーマッスル強化

1.仰向けになって、腰を床から少し持ち上げます。
2.右足をまっすぐ伸ばし持ち上げて、10秒キープします。
3.そのまま右足を右側に動かし、10秒キープします。
4.左の足も同じように行います。
5.左右3回ずつ行います。

※腰に負荷がかかるエクササイズであるため、腰痛がある方は無理のないように行いましょう。

いかがでしたか?

どれも簡単に行えるものですが、二段腹の解消には毎日続けることが大切です。少しずつエクササイズを習慣化して、二段腹解消を目指しましょう!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース