【何してもダメだった下半身がやせた?!】「エア自転車こぎ」の3つのメリットとは?

ダイエットをしても、なかなかやせない下半身。下半身やせには、それ相応のエクササイズを取り入れることが大切です。今回ご紹介する「エア自転車こぎ」は、お金も道具も必要ナシ!自宅で手軽に行える簡単でお手軽なエクササイズです。何かしながらでも行うことができるため、ズボラさんでも長く続けられそうですね。

エア自転車こぎとは?

エア自転車こぎとは、空中で自転車をこぐフリをするエクササイズ方法のことを言います。基本的には、仰向けになった状態で足を天井に上げ、自転車をこぐかのように両足を動かします。これは全身運動に繋がるため、しっかりと行えば汗もかき、脂肪の燃焼も期待できる効果的なエクササイズ方法として注目されています。

エア自転車こぎの3つのメリット

メリット①:道具いらず!

エア自転車には、数えきれないほどのメリットがあります。
まず第一のメリットが、「道具や装備を購入するコストがかからないこと」でしょう。自転車はエアーですので購入する必要はありません。また、自宅で簡単にできるエクササイズであるため、服装も部屋着やパジャマのままでも、全く問題ないところがポイント。特別な道具も一切必要ないので、仰向けになって寝られるスペースさえあれば、今すぐにでも取り組むことが可能ですよ。

メリット②:雨でも大丈夫!

次は、「天候に左右されない」ことです。どんなダイエットでも継続することが大切です。短期間で効果が現れることは少なく、ダイエットでは継続することが重要なポイントとなります。しかし、自転車を使ったサイクリングやランニング、ウォーキングなどは、外に出て行う必要があるので、天候によっては行うことが難しくなりますよね。『せっかく続いたけれど、雨が降ってからランニングを辞めてしまった』というような経験をお持ちの方も少なくはないでしょう。継続するためには、「いつでもどこでもできる」ことは非常に重要な要素だと言えるでしょう。

メリット③:食事制限なしでストレスフリー!

ダイエット中はどうしても食事を気にして制限しますよね。しかし、エア自転車こぎでは、「無理な食事制限がない」こともメリットの一つにあります。食事を制限することは、精神的な負担が大きく、リバウンドや挫折を招きやすいと言われています。食事は生活をするうえで楽しみなことの一つですよね。そんな機会を奪われてしまっては、ストレスになります。食事という楽しみを減らすことなく実施できる点で、エア自転車こぎは魅力的なのではないでしょうか。

エアー自転車ダイエットの効果

代謝アップ

エア自転車こぎでは、「基礎代謝の向上」に役立ちます。ダイエットをするうえで、基礎代謝アップは欠かせません。このエクササイズは、特に下半身の筋肉を鍛えることに繋がります。下半身の筋肉は、体の中でも半分以上を占めているため、基礎代謝アップに直結するのではないでしょうか。太りにくい体質を手に入れるという点からも、エア自転車こぎが支持されるのがうなずけますね。

下半身の引き締め効果

エアー自転車こぎの最大の効果は、主に太ももやふくらはぎなどのやせにくいと言われる下半身を「スッキリと引き締める」効果を期待できる点です。お風呂上りなどに、10分程度、本やスマホを見ながらエアー自転車こぎをするだけで効果があったという声もあがっているそうです。また、下半身の筋力がアップすることで、血流も促されてむくみの解消にも役立ちます。むくんで足が太く見える方にとっては、より効果的かもしれません。

▶【1日5分で脚やせ効果絶大?!】「コサックスクワット」は時間も場所も必要ナシ!!

エアー自転車ダイエットの注意点

前述の通り、エアー自転車こぎは即効性の高いと言われるダイエット方法です。しかし、即効性が高いということは相応に体への負担がかかる運動ということであり、やりすぎは筋肉の増加につながります。適度な増加であればまったく問題ありませんが、必要以上に運動をしてしまうと、極端にやせてしまったり、逆に体重が増えてしまうということにもなりかねません。1日あたりのエアー自転車こぎの時間は5分から20分程度に収め、それを毎日継続することが重要です。

▶【ズボラ女子も続く】すっきり美脚を目指す「足ぶらぶらストレッチ」のやり方とは?

まとめ

いかがでしたか?場所も道具も無理な食事制限も必要ないと言われる「エア自転車こぎ」は、忙しくジムに通う時間がない方、食べることが大好きな方、面倒くさがりな方も続けられるお手軽なエクササイズ方法ではないでしょうか。是非この機会にエア自転車こぎを取り入れたダイエットに挑戦してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース