【足ツボにチャレンジ!】むくみ知らず&スッキリ美脚の秘密はツボにある?!?

多くの女性の悩みである脚のむくみ。脚は心臓から遠い位置にあるため、血行が滞りやすいうえに、重力の関係で水分や老廃物が溜まりやすく、むくみに繋がりやすい場所です。今回は、脚のむくみに効果があると言われるツボについてご紹介します。ツボを押して美脚を目指しましょう!

脚がむくんでしまう原因とは?

骨盤の歪み

骨盤が歪んでしまうとリンパの流れが滞ってしまうため、血液の巡りが悪くなり、むくみを招きやすくなります。すると、体の冷えにも繋がるので、代謝が悪くなり脂肪がつきやすい体質になる恐れがあります。骨盤を歪ませる原因は主に、座るときに脚を組む、片方の腕や肩でバッグを持つ、左右どちらかに重心をかけて立つなどがあげられます。

冷え性

冷えは、血行が悪くなるため体内にある老廃物や水分の排出もスムーズに行われなくなるため、むくみの原因になると言われています。冷え性は体を冷やすだけでなく、ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こす恐れもあるので、体を冷やさないように日頃から気をつけることが大切です。

▶【ただ押すだけでOK♡】とにかく簡単!「手つぼ」の驚きの効果とは?

美脚を目指す!部分別ツボ4選

足裏のツボ:湧泉(ゆうせん)

足裏の中央(土ふまず)部分から、やや上にあるツボが湧泉です。ここを押し上げるように揉んであげましょう。血流や代謝アップ、疲労回復効果などに期待ができる万能なツボだと言われています。

足首のツボ:三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしの頂点から、指を当てて4本分上にあるツボが三陰交です。息をゆっくり吐きながら押して、吐きながら離します。これを3回程度行ってみましょう。このツボは、冷えやむくみに効果が期待できる以外にも、女性特有の月経症状に効果があるとしてよく知られています。

ふくらはぎのツボ:足三里(あしさんり)

膝の下部分、外側のくぼみから指を当てて4本分下にあるツボが足三里です。息を吐きながら、10回程度押してみましょう。このツボは、足の筋肉の疲れやコリをほぐすほか、むくみや胃腸にも効果があるそうです。あの有名な松尾芭蕉の奥の細道にも「長歩きの疲れを癒すために三里のツボに灸をすえる」というふうに著されているほどです。

太もものツボ:血海(けっかい)

膝の上から、指3本分程上にあるツボが血海です。血海という名前は、血液や血流が多く集まる場所を意味し、血の道とも言われています。血液の流れを良くして、婦人科系の症状に効果的だと考えられています。女性は知っておきたいツボですね。

▶【ズボラ女子にオススメ!】たった5分でOK!「足裏たたき」の効果がスゴすぎる?!

まとめ

長時間の立ち仕事、デスクワークの作業は特にむくみやすいため、定期的に足つぼマッサージを行うことをおすすめします。入浴中や入浴後など体が温かいうちは、血行が促進されているので、さらに効果に期待ができますよ。しかし、病気で体調が悪いときや心臓など内臓に病気がある方、飲酒をされているときは危険であるため、マッサージは控えましょう。ぜひ、試してみてくださいね。

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース