【米+油=やせ体質に?!】「オイルおにぎり」の驚きの効果とは?

最近、新しいおにぎりが注目を集めているのをご存知でしょうか。その名は「オイルおにぎり」と言われ、名前の通りおにぎりにオイルを加えて作るそうです。オイルおにぎりは、「冷めても固くならない!」「風味がアップする!」などのメリットもたくさんあります。そこで今回は、ハマる人が続出しているオイルおにぎりについてご紹介します。

オイルおにぎりとは?

おにぎりを作る際に「オイルを手に付けて握る」「ごはんに直接オイルを混ぜたもので作る」「オイルで炒めた具材を加えて作る」などをして作られたおにぎりのことを『オイルおにぎり』と言います。オイルおにぎりは、ダイエットや美容に効果を期待できるうえに、冷めてもパサつきにくく、腹持ちがいいなどのメリットがたくさんあることからも、最近注目が集まっているそうです。

「オイル=太る」は間違い?!

オイル(油)は、太るといったイメージが強く、ダイエット中には控えている方も多いと思います。しかし、実はオイルを極端に制限してしまうと、髪の毛がパサついたり、肌トラブルを招く原因にもなるのです。オイルの種類によっては、ダイエットの手助けをしてくれるものもあるので、むしろ適量の摂取であれば、ダイエットや美容に欠かせないと言えるでしょう。

オイルおにぎりのオイルの効能とは?

ごま油

ごま油には、ビタミンEが豊富に含まれています。「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEは、強い抗酸化作用から老化に繋がる活性酵素を取り除いて、シミやしわを防いだり、血液の流れを良くする働きがあります。また、ごま油に含まれる不飽和脂肪酸が脂質代謝を活発にすることから、肥満や動脈硬化予防にも期待されています。

ごま油の香ばしい香りは、おにぎりの美味しさをより引き立ててくれますよ。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、消化・吸収のスピードが早くエネルギーとして消費しやすいため、「体脂肪になりにくい」といった特徴があります。ただし、油であることに変わりなく高カロリーだということを忘れずに使用しましょう。また、ココナッツオイルには、腸の老廃物を体外にスムーズに排出する作用があるため、便秘解消に効果があると考えられています。

ココナッツオイルは熱に強い性質を持っているので、具材を炒める油として使用するのも良いでしょう!

エキストラバージンオイル

オリーブオイルが含むオレイン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らして、血流を良くする働きがあると言われています。このため、代謝もスムーズに行われるようになり、やせやすい体質づくりに繋がるでしょう。ほかにも、便通をスムーズに改善して便秘解消に期待ができると言われています。

オリーブオイルは、私たちの食生活の中でも身近なオイルで、簡単に手に入れることができますよね。オイルおにぎりでオリーブオイルを使用する場合は、中でもエキストラバージンオイルがオススメです。

▶【ダイエットの味方?!】「えごま油」の効果がスゴイと話題になっているワケって?

オイルおにぎりの作り方

基本的な作り方は、ご飯1杯に対してオイルを小さじ1程度を加え、好みの具を加えて握るだけで完成です。

オイルの栄養効果を得るには、普段から継続的に取り入れることが大切です。そこで「オイルおにぎり」を普段の食事に取り入れれば、無理なく続けることができますよね。中に入れる具材を変えたりしてアレンジを楽しんだり、白米ではなく玄米や雑穀米などで作るのもオススメです。

▶【ご飯を我慢しなくてもやせる?!】「おにぎりダイエット」で成功する3つのポイント

グリーンピースのオイルおにぎり

手間いらずで簡単に作れるのに、彩りも風味もアップ!!


▶「グリーンピースのオイルおにぎり」レシピはこちら

まとめ

いつものおにぎりに飽きてしまったという方も、健康や美容が気になるという方も、ぜひともオイルおにぎりに挑戦してみましょう!ごはんとオイルは相性抜群!オイルによっても栄養効果が異なりますので、自分に合うオイルを探してみましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース