【ズボラさんも続く!】1日5分の「寝ながらストレッチ」でスッキリ体型をゲット!?

「キレイになるために何かをしよう!!」と思っても、そのために毎日時間を取るのは難しいですよね。そこで今回は、寝る前や起きてから、テレビを見ながらなどに横になりながらできる「寝ながらストレッチ」を紹介します。簡単にできてリフレッシュやリラックス効果にも期待できますよ♪

寝ながらストレッチのメリットとは?

1.続けやすい

寝ながらストレッチのメリットは、なんといっても初心者でも継続しやすいという点です。ストレッチマットを使用する方法以外にも、ベッドや布団の上でも行えるため、リラックスした状態で取り入れることができますよ。また、体が硬いという人でも、無理なく少しずつ行えば、筋肉をほぐしていくことができます。

2.わざわざ時間を作らなくてもOK

筋トレやストレッチは、時間を割く必要があると考える方も多いと思いますが、仕事や学校が忙しく、なかなか時間をたっぷり作るのは難しいですよね。
しかし、寝ながらできるストレッチなら、わざわざ時間を作る必要はありません!横になりながらストレッチを行うことができるので、テレビを観ている時間や起床時、寝る前などのスキマ時間で行うことができるので、ストレスなく取り組めそうです。

3.体勢を安定させやすい

立って行うストレッチの場合、自分の体重が常に手や足などのピンポイントにかかることが多くなるため、慣れるまでは軸がぶれてしまい、ふらつくことも多くなってしまいます。寝ながら行うストレッチの場合は床に横になっているため、軸がぶれることはほとんどなくなります。姿勢がなかなか安定しないという初心者の方は、まずは寝ながら行うストレッチで、軸がぶれないようにトレーニングするところから始めてみるのが良いでしょう。

▶【寝ながらお腹やせ!】効果抜群!「ラクやせストレッチ」4選

寝ながらストレッチ方法3選

エビ反りストレッチ

1.うつ伏せに寝ます。
2.太ももを浮かさないように膝を曲げて両足首を持ちます。
3.そのまま上半身を反らせ、「エビ反り」の姿勢にします。
4.この姿勢で5秒間キープさせましょう。この動作を3回繰り返します。

このストレッチは、太ももはもちろん、全身の筋肉にも効果があると言われています。さらに、全身の血流を促す効果を期待できることから、新陳代謝のアップにもつながるのではないでしょうか?
ダイエットはもちろん、美容にも効果を期待できるストレッチ方法です。

全身ブラブラ体操

1.仰向けに寝たら、両手両足を天井に向け上げましょう。
2.足首手首を軽くぶらぶらします。
3.足を元の位置に戻します。

とっても簡単なこのエクササイズは全身の血行を促すと言われています。

骨盤ストレッチ

1.両膝を立てて仰向けに寝ます。
2.両膝をくっつけたまま膝を抱え、胸につけるように引き寄せます。
3.自然な呼吸で30秒を目安にキープします。
4.ゆっくりと戻します。

あまりストレッチをしている感覚がないかもしれませんが、骨盤周りの筋肉をほぐして歪み改善に効果があると言われています。

▶【寝たまま5分でOK!】ラクしてやせる「寝たままストレッチ」3選

最後に

ゆったりとした気持ちで行えるのが「寝ながらストレッチ」です。しっかりフォームを覚えて正しいやり方で行ってくださいね。続けることできっと体にも変化を感じられるはずですよ☆

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース