【管理栄養士が解説】話題の「菌活」でやせる方法とは?

「菌活」という言葉を聞いたことがありますか?菌というと細菌やウイルスなどあまり良くない物を思い浮かべてしまいがちですが、ここで言う菌とは、私たちの体内で美容やダイエットに良い働きをしてくれる有益な菌の事です。今回は、菌活のポイントやおすすめレシピなどを管理栄養士が解説します!

なぜ菌活が美容にいいの?

菌活とは、ダイエットや美容、健康維持など私たちにとって良い働きをする菌を積極的に食事に取り入れる活動の事です。
私たちの腸内には、善玉菌(腸内環境を整えて身体に良い影響を与える菌)、悪玉菌(有害物質を作り身体に悪影響を与える菌)、日和見菌(善玉菌と悪玉菌のどちらが優位化を見極め、優位な方に加勢をする菌)といった、大きく分けて3種類の腸内細菌が存在しています。例えば、善玉菌を積極的取り入れたり活性化させる事で日和見菌が善玉菌に味方し、悪玉菌の働きが抑えられるため腸内環境改善の効果が期待できます。腸内環境の改善は私たちの身体にとって様々なメリットがあります。

菌活のメリットとは

1.ダイエット効果

菌活によって腸内環境が改善されると、腸の動きが活発になります。消化器官の動きが活発化すると、全身の代謝も良くなると言われているため、ダイエット効果が期待できます。

2.美肌効果

腸内環境が整うと便通が良くなり老廃物の排出も促されるため、ニキビや肌荒れなどの改善につながります。

3.便秘解消

便には、悪玉菌が生成した有害な物質が多く含まれています。このため、便秘になると有害物質が体内に長期間留まってしまうので肌のトラブルやぽっこりお腹などにつながります。腸内環境が整うとスムーズな便通が促され、有害物質を早く体外に排出する事が出来ます。便秘が解消されると、見た目もスッキリしますよ。

4.免疫力アップ

免疫細胞とは、外から入ってきた異物(ウイルス、花粉など)から身体を守る働きをもつ細胞の事です。その免疫細胞は約70%が腸に集中しているため、腸内環境が整う事で免疫力アップやアレルギー症状の改善などの効果が期待できますよ。

▶【食べても太らない体質に?!】「やせ菌」を増やしてラクしてダイエット!

オススメの菌の種類と効果

乳酸菌

整腸作用、美肌効果、免疫力アップ、アレルギー症状の予防・改善などの効果が期待できます。ヨーグルトやチーズなどの乳製品には動物性乳酸菌、漬物やキムチなどには植物性乳酸菌が含まれています。

納豆菌

その名の通り、納豆に含まれる菌です。熱にも低温にも強く、また胃酸にも負けないため生きて腸まで届く菌です。乳酸菌の増加をサポートする働きも期待できます。

麹菌

大豆や米を煮たり、蒸したりするときに繁殖する菌なので、味噌や醤油、塩麹、甘酒などに多く含まれています。アミノ酸やビタミンB群が豊富なので代謝をサポートしたり、疲労回復などの効果も期待できます。

きのこ類

「菌」という漢字は訓読みで「きのこ」と読みます。実は、きのこ自体が菌なので菌活には欠かせない食材です。きのこ類には腸内環境改善に役立つ水溶性食物繊維やエネルギー代謝をサポートするビタミンB群が豊富に含まれています。歯ごたえがあり低カロリーなので、ダイエット中の方にも嬉しい食材ですね。

▶【ダイエット中の強い味方♪】ダイエット中でも食べたい!おすすめのきのこって?!

オススメレシピ

腸活♪デリサラダ

乳酸菌が豊富なヨーグルトと食物繊維豊富な根菜類を使ったサラダは、腸内環境改善効果が期待できる組み合わせです。

▶「腸活♪デリサラダ」レシピはこちら

納豆トースト

忙しい朝にもオススメのボリュームのあるトーストです。
納豆に含まれる納豆菌は加熱にも強いので、トーストにしてもしっかりと摂る事が出来ますよ。

▶「納豆トースト」レシピはこちら

塩麹いもようかん

塩麹はスイーツにも使う事が出来る調味料です。サツマイモやはちみつを使った自然な甘みのいもようかんです。

▶「塩麹いもようかん」レシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?腸内環境を整えることがダイエットや美容、健康維持にとても大切です。今回紹介した食材を取り入れ、「お腹の中から綺麗になれる、健康的なダイエット」を目指しましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース