【ポッコリお腹を解消したい!】1日1分でできる簡単エクサ!

ついつい食べすぎてしまいがちな冬…気が付いたらウエストがキツイ!なんてこともありますよね。そう感じたら即行動が大切!今回はポッコリお腹を解消するためにおすすめの、1日1分でOK!かんたん運動をご紹介します。ぜひ今日から始めませんか?

ぽっこりお腹におすすめの運動とは?

冬は食べ物も美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいがち。そうして気になるのがポッコリお腹です。しかしその原因は、食べ過ぎによる脂肪の蓄積だけではないかもしれません。
ポッコリお腹の原因には、筋力の低下や、姿勢の悪さなどもあると言われています。今回は、そんな筋力アップや姿勢の改善にアプローチする運動をご紹介します。

猫背は百害あって一利なし!

ポッコリお腹と猫背は、体の表と裏。まるで関係ないようにも感じられますよね。
しかし猫背と言われるような、背中が丸まっている姿勢は、下腹部が前に出やすい状態だと考えられます。さらに猫背が続くと、腹筋が使われなくなり、お腹周りに脂肪がつきやすくなってしまうのです。さらには肩こりや、頭痛を引き起こしてしまう恐れも。

そんな厄介な猫背を改善する方法のひとつとして、肩甲骨周りの筋肉を鍛えることがあげられます。
肩甲骨を使う、つまり肩甲骨を寄せる状態になると、自然と胸が張り、丸まっている背中が伸ばされますよね。
無意識でもこの正しい姿勢になれるように、肩甲骨周りの筋肉を鍛えましょう。

方法

1.立位でも座位でも構いませんので、両腕を真っ直ぐ前に伸ばします。
2.肩甲骨を寄せながら、ひじを引きます。
3.最後までしっかりとひじを引いたら、前に伸ばして1の姿勢に戻ります。
4.1~3を10回繰り返します。
5.次に両腕を真っ直ぐに上に伸ばします。
6.肩甲骨を寄せながら、ひじを下ろします。
7.上に伸ばして5の姿勢に戻ります。
8.5~7を10回繰り返します。

以上の運動を一日3セット行うようにしましょう。1日1分ほどで行えますよ◎

インナーマッスルを鍛える

ドレスを着る時、ウエストを細く見せるために、きついコルセットを装着するという場面を見たことはありませんか?
そんなコルセットのような役割を果たす筋肉が、腹筋のインナーマッスルです。
インナーマッスルがきちんと使われることで、ウエストが細くなるだけでなく、腰痛の予防や姿勢の改善にも効果を期待できます。

腹筋のインナーマッスルを鍛えるには、上体起こしのように動いて行う運動よりも、姿勢をキープするような運動の方が、効率的だと言われています。
インナーマッスルを鍛える運動はいくつかありますが、そのうちの一つであるプランクをご紹介しましょう。

方法

1.腕立て伏せの姿勢になり、手をつくのではなく肘から下をつきます。
2.両手両足の幅を肩幅にします。
3.身体を一直線に保ちます。
4.この姿勢を30秒キープします。

以上のエクササイズを一日3セット程度行います。
最初20秒のキープが難しければ、10秒から始めてもOKです。
また、余裕がある人は、片手や片足を浮かせば強度が上がりますよ。
ポイントは、「身体を一直線に保ち、傾かない」ということです。
最初のうちは鏡に映したり、誰かに見てもらったりするといいかもしれません。

すっきりしたウエストラインを目指して

ポッコリお腹解消のための、おすすめの2つの運動をご紹介しました。
2つだけ、しかもどちらも1日1分程度でOKとあれば、続けられそうではありませんか?
姿勢の改善と筋力アップで、ポッコリお腹を撃退しましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース