【まだ間に合う!】冬太りをなかったことにする方法

やせる働きをする「褐色脂肪細胞」とは?

褐色脂肪細胞のことをわかりやすく説明しましょう。
脂肪細胞と聞くと、おなか周りのあの脂肪?を思い浮かべるかもしれませんが、体脂肪をため込む脂肪は白色脂肪細胞です。

一方、褐色脂肪細胞は食べたものからエネルギーを作る働きをします。また寒いと感じると、褐色脂肪細胞は脂肪を燃やして熱を作る働きをします。

そんなメカニズムから冬は運動をしなくてもどんどん脂肪が燃えて食べても太りにくい体になるはず…なのです。

しかし、暖房がよく効いたところにいると、体の中の着火スイッチが働かず、脂肪燃焼は鈍ります。そのうえ寒くて体を固くしているので活動量も少なくなり、脂肪が燃えにくい体となってしまうのです。

冬太り解消法は?

寒い!と感じたらそれはやせるチャンス!

暖房の設定温度を上げる前に、腕立て伏せやスクワット、その場ジャンプをしてみましょう。すると体は温かくなってきます。活動量も上がり褐色脂肪細胞もよく働くようになります。

また、普段の生活や掃除など家事をするときでも肩甲骨から肩を回すように大きく動かしてみませんか?
歩く時もうつむかず前を向いて、いつもより早く歩幅も大きく歩く。このようなことを意識するだけでも活動量は高まり、体も温かくなってきます。

ダイエットはほんの少し意識するだけで成果が出ます。楽しんで体を動かして活動量を上げていきましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース