【ポッコリお腹を解消】座りながらできる!おすすめの腹筋エクサ4選

気になるポッコリお腹を解消したくても忙しくてなかなか運動する時間がないという方も多いのでは?そんな方におすすめなのが、座りながらできる腹筋運動です。家事の合間や仕事中にこっそり行うことができる腹筋運動を4つご紹介します。

その1:座りながらドローイン

ドローインとは

ドローインは、ポッコリお腹を解消するだけでなく、身体の軸を安定させる腹横筋を鍛えられる運動です。そのため姿勢がきれいになり、ボディラインを整えられると言われています。
また、姿勢が改善されることにより、腰痛などの予防・解消にも効果を期待できます。

ドローインのやり方

1. 椅子に浅めに座ります。
2. 姿勢を正して、胸をはりましょう。
3. 息をゆっくり吐いてお腹をへこまします。
4. へこました状態を10〜30秒キープして、元に戻ります。

この運動を繰り返し行いましょう。肩に力を入れず、自然な正しい姿勢で行うことが大切です。

その2:座りながら腹筋サークル

腹筋サークルとは

腹筋サークルは、腹筋の筋肉を意識して収縮させることにより、腹筋を鍛える運動です。身体を動かさないため、仕事中にもおすすめですよ。普段意識をしない部分の腹筋に意識を向け、鍛えることがポイント!腹筋周辺の脂肪が燃えやすくなり、ポッコリお腹解消に効果を期待できるのです。

腹筋サークルのやり方

1. 姿勢を正して椅子に座ります。
2. ヘソより下の部分の腹筋に力を入れて収縮させます。
3. 次に腹筋の右側に力を入れて収縮させます。
4. 腹筋の左側に力を入れて収縮させます。
5. ヘソより上の腹筋に力を入れて収縮させます。

この運動を繰り返し行いましょう。

その3:座りながらアブツイスター

アブツイスターとは

アブツイスターはひねりを加え、腹斜筋を鍛える運動です。腹斜筋を鍛えることにより、くびれが生まれて、きれいなウエストラインを手に入れられると言われています。さらに、腹斜筋は、内臓を正常な位置に保つための筋肉でもあります。内臓が下がることにより、ポッコリお腹となってしまう場合もあるため、アブツイスターで腹斜筋を鍛えましょう。

アブツイスターのやり方

1. 姿勢を正して椅子に座り、両手は頭の後ろに当てます。
2. 腹筋に力を入れながら、胴体を左にひねります。
3. 元に戻り、今度は右にひねります。

この運動を繰り返し行うのがアブツイスターです。腹筋に力を入れることを必ず意識して行いましょう。

その4:座りながらレッグリフト

レッグリフトとは

レッグリフトは、腸腰筋と腹直筋を鍛えるための運動です。腸腰筋を鍛えることにより、便秘を解消し、ポッコリお腹の改善に効果を期待できます。また腹直筋は、腹筋の中でも大きな筋肉であるため、鍛えることにより基礎代謝の向上につながります。脂肪が燃えやすく痩せやすい体質への改善に効果的だと考えられますね!

レッグリフトのやり方

1. 椅子に浅く座って、両脚を前へ伸ばします。
2. 腹筋の下に力を入れて両脚を伸ばしたまま、床から脚を離して上へ上げていきます。
3. できるところまで脚を上げたら、その状態をキープします。
4. ゆっくり脚を戻して、繰り返し運動を行います。

腹筋に力を入れながら行いましょう。また、脚を下に戻したときに脚が床につかないようにすることで、さらに負荷をかけることができます。

まとめ

座りながらできる筋トレ運動は、気軽に思いついたときに行えるのが魅力ですよね!ポッコリお腹を解消して、美ボディを手に入れましょう◎

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース