忙しい人必見!”食事量”を簡単に調整できる『手ばかりダイエット』

忙しい人必見!”食事量”を簡単に調整できる『手ばかりダイエット』

忙しくてついつい外食。ついついコンビニのお弁当。なんてことありませんか?
そんなあなたに外食時の食べ過ぎや偏った食品を選びがちな、あなたをサポートする、
その場で簡単!食事量の目安がわかる『手ばかり』メソッドを教えちゃいます!
”手ばかり”を活用して、栄養バランスのよい食事へ改善していきましょう♪

『手ばかり』ってなに?

ダイエットプラス推奨!

栄養バランスのよい1食の食事量を自分の手で、大体の摂取量目安を確認できる方法です!家のご飯はもちろん、コンビニや、定食屋でご飯を食べるときに手軽に活用できますよ♪

そもそも栄養バランスのよい食事って?

3つの黄金バランス!!

まず食事を選ぶときは「主食」「主菜」「副菜」の3つのジャンルに注目して選んでいきましょう。バランスのとれた食事はダイエットだけでなく、代謝のUPや美肌効果にもつながります。

主食

主に主食でいわれる栄養素は『炭水化物』。お米やパンといった穀類から摂取することができます。
脳や神経組織など体を動かすためのエネルギーをつくる源となります。
最近流行の”炭水化物抜きダイエット”というダイエット法がありますが、炭水化物も体には大事に栄養素なので、
炭水化物を完全に摂らない食事はNG!自分の体にあった量を摂取することで、ダイエット効果を高められるといわれています。

主菜

主菜は主に『たんぱく質』といわれる栄養素になります。お肉や魚などから摂取することができます。
筋肉や血液、内臓など体づくりに欠かせない栄養素です。たんぱく質を十分に摂らないでダイエットを進めると
リバウンドしやすい体に! 逆に摂りすぎてしまうとカロリー摂取を抑えられず体重が増てしまう可能性もあるので
たんぱく質は、自分の適量を知って効率よく摂取することが大切です。

副菜

副菜は主に『ビタミン・ミネラル』といわれる栄養素になります。野菜やきのこ類などから摂取することができます。
脂肪を効率よく燃やすために、たんぱく質と一緒に副菜を摂取することで、脂肪燃焼効果を高めることができるといわれています。
また体の調子を整えるためにも欠かせない栄養素のひとつとなります。

その場で量る『手ばかり』メソッドとは!?

まずは自分の手でイメージしてみましょう♪

手をグーにしたり、手のひらに食材をのせたときをイメージして量っていきましょう。

主食<炭水化物>

まず主食の手ばかり法は、手を軽くグーにしたこぶし1個分の大きさが、一食分の炭水化物摂取量となります。

主菜<たんぱく質>

主菜のたんぱく質は、片手で指を除いた手のひら(に大分)の大きさ+手のひらの厚みほどの量が、一食分の摂取量となります。

副菜<ビタミン・ミネラル>

副菜のビタミンやミネラルを手ばかりするには生野菜(サラダなど)の場合、両手のひらをくっつけて水をすくうように少しまるめた形でこんもり乗せたくらい。
また火を通したものであれば、片手手のひら(指は除く)に乗る分くらいの量が一食分の摂取量として考えてみてください。

~まとめ~

今日からはじめる!手軽に簡単『手ばかりダイエット』

どうでしたか?仕事が忙しくて食事まで気がまわらない。カロリー計算なんて難しくて面倒。。。
なんていう方には、とっておきの食事改善法ではないでしょうか♪
ぜひ、お試しください!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース