【効果絶大!】安くておいしい、もやし料理で簡単ダイエット!

お財布に優しい食材であるもやしに、体にも嬉しい効果がたくさんあるとご存知でしたか?見た目や値段に反して、もやしはとても頼れる優秀なダイエット食材なのです。どのような効果が期待できるのか、調理や保存方法と合わせて見ていきましょう!

炒める、煮る、蒸す、何でもOK

もやしは栄養価が高いだけではなく、下処理いらずでどんな調理方法にも合う便利食材でもあります。下ごしらえでひげ根を取る人もいますが、食感が気にならなければ、水洗いをするだけで調理に使えます。
低カロリーのもやしは、たくさん食べることができるのでダイエットにぴったりの食材です。野菜が不足すると、ダイエットでたとえ体重を落とすことができたとしても、見た目が不健康に見えてしまいます。もやしを積極的に食べることで、見た目も美しく、便通も良くなり、脂肪が付きにくい体になります。もやしは安く買えるので、ダイエットを始めるときにすぐ取り入れることができます。

▶たったの40円で痩せる!?これなら大満足!ヘルシーダイエットレシピ3選

おすすめの食べ方

もやしはどんな料理にも合うので、食べ方を知っているとダイエットもしやすいです。よく目にする料理は、野菜炒めです。お肉と一緒に炒めて、メインのおかずにすることができるのでおすすめです。1人前を作る場合、約150g(0.5袋)のもやしを使ってみてくださいね。
みそ汁やスープに入れるのも、効率的にダイエットができる食べ方です。ビタミンB群とビタミンCは水溶性なので、茹でると栄養素が茹で汁に逃げてしまいます。しかし汁物ならば、溶け出したビタミンもそのまま摂取できるので、肥満予防効果や美容効果がより期待できます。

保存方法に注意!

「もやしは足が早い」と言われるほど、消費期限が短いです。スーパーで並んでいる商品でも、消費期限まで2日間しかないケースがあります。少しでも長く保存しておきたいならば、もやしをタッパーに入れて水に浸す方法がおすすめです。冷蔵庫に入れて、1週間以内ならば美味しく食べることができます。もやしを茹でて水気を切り、タッパーに入れて冷蔵保存しても、1週間は持ちます。
食感を気にしないのであれば、もやしをそのまま冷凍保存することも可能です。この場合、長期保存できますが、もやしの水分がなくなりシャキシャキした食感を味わえなくなります。

▶家計の救世主!○○を使った人気のダイエットレシピご紹介!

まとめ

いかがでしょうか?もやしは手軽で栄養価が高いので、ダイエット食材としておすすめです。食物繊維だけではなく、脂質代謝に関するビタミンも多く含まれています。ダイエットをすると不足になりがちなビタミンCも豊富なので、積極的に食べましょう。
調理方法もさまざまで、毎日飽きることなくもやしを食べることができます。ただし、他の野菜と異なり、消費期限がとても早いので保存方法に注意する必要があります。消費期限に気を付けて、手軽で楽しいダイエットを始めましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース