お腹の贅肉が消える!?毎日の○○で簡単に解消できる!?

お腹につく脂肪は落ちにくいと言われています。しかし、食べるものを管理して運動をすれば、ちゃんと脂肪は減っていくのです。毎日の生活の中で取り入れていくのはなかなか大変ですが、どのようにすれば負担なくできるのかをみていきたいと思います。

お腹のお肉の正体は?

脂肪の種類

身体につく脂肪には二種類あります。皮下脂肪と内臓脂肪です。
皮下脂肪とは、特に女性につきやすく、全身の皮膚の下につきやすい脂肪と言われています。また、一度、皮下組織に蓄えられると分解されにくい性質も持っているので、落としにくい脂肪でもあるようです。
内臓脂肪とは、内臓を囲むようにつく脂肪のことで、特に男性につきやすいと言われています。ポッコリお腹の原因でもあります。しかし、分解されやすいため、皮下脂肪に比べて落としやすい脂肪と言われています。

タイプ別|脂肪の落とし方

皮下脂肪の場合

皮下脂肪は、分解されにくいという性質を持っていますが、皮膚のすぐ下にあるので、外からの刺激を加えやすい脂肪でもあります。マッサージなどで血行をよくし、適度な運動と食事制限をすることで徐々に効果に期待ができるでしょう。ジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動を組み合わせて行うと、より効果が期待できます。

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪は、運動や食事制限によって比較的簡単に落とすことができるとされています。体脂肪を直接エネルギーとして使う有酸素運動を積極的に行っていくとよいでしょう。また、食事面では、栄養バランスを意識し、カロリー摂取を調整しながら食事をとるように心がけてみましょう。

■ダイエットでお腹だけ痩せないのは何故?ぽっこりお腹の原因と解消法

運動を毎日の生活に取り入れる!

有酸素運動

ジョギングやウォーキングを毎日行うのは厳しいですよね。そこで手軽にできるのが自転車ダイエットをおすすめします。酸素をたくさん体に取り込むことで、エネルギーの燃焼に期待ができます。また、筋肉を使うので筋力アップにも繋がり、基礎代謝量のアップにも効果があるようです。そして、血液の循環がよくなると肺活量も増えて、心肺機能の強化にも効果があるとされています。自転車は乗るだけでも消費カロリーが高いので、きつい坂道などを通らなくても十分効果を期待でるでしょう。

筋肉トレーニング

空き時間でできる運動が腹式呼吸をおすすめします。腹式呼吸は、体の内部にある横隔膜という筋肉を、呼吸をするたびに動かす呼吸法です。お腹を引っ込めたり膨らませたりさせることで、お腹まわりの筋肉を刺激し、ウエストを引き締める効果に期待できます。また、インナーマッスルを鍛えることができるので、基礎代謝が向上し、痩せやすい体に変化することが可能かもしれません。さらに、深い呼吸になる腹式呼吸では、酸素を多く取り込むことができるので、脂肪の燃焼を促進する有酸素運動と同じ効果があると言われています。

まとめ

運動を毎日の生活に取り入れることで、ポッコリお腹からもサヨナラできるかもしれません。無理なく続けられるように、自分の生活を見直してみることも大事になるかもしれませんね。目標体型になれるように頑張りましょう!

■【ポッコリお腹が解決!】今話題の腸もみマッサージとは!?

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース