【ダイエット成功への近道!】「やせる脳」を作る5つの習慣でラクやせ?!

「カロリーや糖質を気にして、キツイ食事制限をしているのにやせない!」「仕事などのストレスで、甘いものが我慢できない…」といった経験はありませんか?実はそれは脳が関係しているかもしれません。今回は、やせる脳とホルモンの関係からダイエット成功へ近づく仕組みをご紹介します。

脳とダイエットの関係って?

いくらダイエットを頑張っても結果が出ないと悲しくなりますよね。実は最近の研究から、ダイエットの成功・失敗のカギを握るのは脳が関係している可能性があると言われているそうです。なかなかダイエット効果を感じられない原因が太る脳のせいだとしたら、このまま続けても同じことを繰り返してしまうかもしれません。そうならないためにも、「太る脳」と「痩せる脳」を知ってしっかりと対処しましょう!

やせる脳の仕組み

やせる脳のキーポイントとなるのは、「セロトニン」と呼ばれるホルモンにあると言われています。セロトニンは精神を安定させて脳を元気にするほか、食欲をコントロールして食べ過ぎを防いでくれます。しかし、ストレスを感じることによって分泌が減少し、体調に悪影響を与えるのはもちろん、脳は食べ物で補おうとして無駄に食べようとしてしまうのです。特に、糖質はセロトニンの分泌を促す効果があるため、ストレスを感じると甘いものを過剰に食べてしまう恐れがあります。このため、食欲をコントロールするためにも、セロトニンの分泌を促してやせる脳を作ることがダイエットには重要なポイントになると言われています。

やせる脳を作る5つの習慣

①適度な運動を取り入れよう!

一定のリズムを繰り返すような有酸素運動は、セロトニンの分泌を活発にするそうです。例えば、軽いジョギングやウォーキング、縄跳び、サイクリングなどがおすすめです。運動不足だけど忙しくて時間が取れない方は、自宅でも簡単にできる踏み台昇降やスクワットなどの筋トレでも効果があると言われていますよ。

②朝日を浴びよう!

朝起きたら太陽の日差しを浴びることで、セロトニンの分泌が活発になることが明らかになっています。曇りや雨の日よりも晴れている日の方が、なんとなく気分も明るくなる気がしませんか?それはセロトニンの分泌が関係しているからかもしれません。眠気を覚ますためにも、朝日を浴びることはおすすめです!

③よく噛んで食べよう!

よく噛むことでも、脳を刺激してセロトニンの分泌量を増やすことができると言われています。一口で30回程度を目安に噛むことが理想的です。あまり噛む回数を増やせない方は、具材を大きめにカットしたり、硬めの食材を取り入れるなど、工夫をすると噛む回数も自然に増えて満足感を得やすくなりますよ。

▶痩せるために!【ダイエットの正しい知識】ごはんをよく噛んで食べると本当やせる?

④好きな人とのスキンシップ

家族や友達、恋人、ペットなど、自分が信頼できる好きな人たちとのスキンシップがセロトニンの分泌を促すと言われています。特に恋人とのハグは、ストレス解消に繋がると言われ話題になっているそうですよ。

⑤深呼吸をしてみよう

深呼吸をすることにより、セロトニンが活性化されると言われています。また、深呼吸は血流を改善したり、便秘を解消するような効果にも期待ができるうえに、とっても簡単にできる方法ですよね。仕事の合間などにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

▶【1日10回でOK!】深呼吸するだけでぺたんこお腹になれるって本当だった!?

まとめ

やみくもに極端な食事制限や激しい運動を行っても、最終的にリバウンドや挫折に繋がる可能性もあります。もしかしたら、ダイエット成功の鍵は「やせる脳」を手に入れることが近道になるかもしれません!脳とダイエットのメカニズムを正しく理解して、無理のない楽しいダイエットライフを過ごしましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース