【スクワットだけではやせない?!】誰もが気になる消費カロリーと本当の効果について教えます!

【スクワットだけではやせない?!】誰もが気になる消費カロリーと本当の効果について教えます!

痩せる目的でスクワット運動を取り入れている方は多くいます。しかしスクワットは、そんなにカロリー消費できていないことはご存知でしたか?今回は、スクワットと消費カロリーの真相、さらにその本当の効果に迫ります。

スクワットでやせる?

痩せたいという思いからスクワットを運動として取り入れている方、痩せるにはスクワットが良いと聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?「今日はたくさん食べたから、スクワットでカロリー消費しよう」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、スクワットは意外なほど消費カロリーが少ないようです。

スクワットの消費カロリー

20代女性で体重55㎏の場合、スクワットの消費カロリーは1回約0.40kcal、30代女性で同じく体重55㎏の場合スクワットの消費カロリーは1回約0.38kcalと言われています。10回やっても消費カロリーは数kcalです。もちろんスクワットの方法や様々な条件によって前後はしますが、想像するより少なくはありませんか?しかし、「せっかくかんばってスクワットやってきたのに意味ないの!?」とショックを受けないでください。スクワットが良いと言われるのには、きちんとした理由があります。

■【たったの10分!】夏までに知っておきたい!ダイエットに効果的なエクササイズって!?

スクワットって何なの?

スクワットをする本当の意味

スクワットはいわゆる筋トレと言われ、ジョギングや水泳といった有酸素運動とは性質が異なります。つまり、有酸素運動の様なカロリー消費による体重減少の効果はあまり期待できませんが、筋肉を引き締めてシェイプアップする効果は期待できるということです。

鍛えられる筋肉

筋トレの中でもスクワットで使う筋肉は主にお尻の筋肉、太ももの前後の筋肉、ふくらはぎの筋肉です。これらは美脚や美尻に欠かせない筋肉ですよね。脚やお尻に悩みのある人はぜひ鍛えたい部分です。また、太ももやお尻といった大きな筋肉が鍛えることで、代謝がアップし痩せやすい体質への改善にも期待ができますよ。

正しいスクワット

筋肉が増えすぎると、かえって足が太くなってしまうと思い込んでいる方もいるかもしれませんが、正しい方法で継続して行えばむしろ足を引き締めて美しく見せる効果が期待できます。スクワットは背筋を伸ばし、お尻を突き出し、つま先より前に膝が出ないようにすると良いと言われています。自身のレベルや目的に併せたスクワットを行いましょう。
1日や2日で結果が出るものではないので、根気よく継続することが大切です。

■正しいフォームで効果を実感 スクワットと腕立て伏せのやり方

健康美のために

あくまでも、スクワットは体重減少のためのエクササイズではなく、シェイプアップして引き締まった体を手に入れるための手段としておすすめされています。同じ体重でも、筋肉量の多い人の体はきゅっと引き締まり、スタイルが良く見えるでしょう。体重を減らすならジョギングなどの有酸素運動が適しています。
ダイエットではシェイプアップとしてスクワットを取り入れて、引き締まった健康美なボディを目指しましょう!

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース