【3分で下半身太り解消!?】「膝立ちスクワット」の効果がスゴイ!!

みなさんは「膝立ちスクワット」をご存知ですか?基本的にスクワットは、立って行うことが普通ですよね。しかし、それだとなかなかハードに感じられる方も多いかもしれません。そこでおすすめしたいのが「膝立ちスクワット」です!負担をあまり感じずに挑戦できるトレーニングだと最近注目されています。

膝立ちスクワットとは

「膝立ちスクワット」は、膝立ちの状態から行うスクワットのことを言います。通常のスクワットは、フォームが安定しにくく、正しい姿勢を保つことが難しですよね。しかし、膝立ちスクワットは体を支えやすいので、安定して行うことができると言われています。

膝立ちスクワットのやり方

1.膝立ちの状態になります。このとき、背筋は真っ直ぐな状態にして体幹を安定させましょう。両膝、両かかとは左右くっつけます。

2.股関節を曲げながら、ゆっくりとかかとに座るようなイメージで腰を落とします。このとき踵に座るまで、体幹が崩れないように気を付けます。また、両膝、両かかとをぴったりとくっつけ、離れないようにしましょう。

3.かかとに座ってから、また膝立ちの状態まであがっていきます。座るときと同様にゆっくりとあがっていきます。

この動作を5回ほど繰り返します。

▶【驚くほど細くなる?!】「つま先立ちスクワット」の効果がスゴすぎる!

膝立ちスクワットの効果

1.骨盤の歪みを改善して下半身太りを解消!

膝立ちスクワットは、下半身全体にエクササイズ効果が期待できますが、特に股関節周りの筋肉をほぐして鍛える効果があると言われています。

膝やかかとをくっつけた状態をキープするのは、意外に簡単なことではありません。この状態をキープすることで、骨盤の開きや歪みを改善することができると言われています。結果的に、冷えやむくみ、便秘、下半身太りの解消などにつながりますよ。また、股関節がよく動くようになるので、普段の生活を送っているだけでも運動量があがり、やせやすくなると言います。

2.キュッと引き締まった足首を作る!

膝立ちスクワットではつま先を床につけて膝立ちになっていることで、アキレス腱が伸びているのを感じられます。アキレス腱などのふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」とも呼ばれ、下半身に溜まった血液を心臓に送り出すポンプのような働きをしています。そのため、ふくらはぎの筋肉がほぐれて血液の流れが良くなると全身の血流も改善されて、代謝アップにつながるほか、足首をはじめとるす脚全体のむくみが解消され、キュッと引き締まった足首やスッキリとした美脚を目指せるでしょう。

▶【絶対やせる!?】「スクワット」で結果を出す正しいやり方とは?

最後に

膝立ちスクワットについてご紹介しましたがいかがでしたか?スクワットと聞くとハードなイメージがあるかもしれませんが、「膝立ちスクワット」なら手軽ですよね!数分あればできるうえに、毎日続けることで効果を感じることができるでしょう!コツコツ続けて、キレイで憧れの下半身を目指しましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース