【成功間違いなし!?】「食べてもやせる」ダイエットの5つのポイント

極端な炭水化物を制限したりする無理なダイエットは、代謝が落ちて逆に太りやすくなる恐れもあります。やせたいならば、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを意識して、食生活や生活習慣を見直すことが重要なポイントになります。そこで今回は「食べてもやせる」を目標にするダイエット方法のポイントをご紹介していきます。

「食べてもやせる」5つのポイント

1.基礎代謝を把握しよう!

基礎代謝とは、何もしないでいても生命を維持するために消費されていくエネルギーのことを言います。一般女性であれば、基本的に1日で約1,200kcal前後が消費されると言われています。しかし、基礎代謝量は加齢と共に低下するため、まずは自分の基礎代謝量を把握しておきましょう。そうすることで、どれくらいの量を食べたらいいのかわかってきますよ。

2.バランスのいい食事を心がけよう

ダイエット中は、摂取カロリーを気にして食事を制限しがちですが、そのような食生活を続けると代謝が落ちて太りやすく体質を招く恐れがあります。ダイエット中こそ、体にとって必要な栄養素をしっかりと取り入れる事が大切です。
栄養バランスの良い食事の基本は、主食(ごはん・パン・麺類などの炭水化物)、主菜(肉・魚・卵・大豆製品などのたんぱく質)、副菜(野菜・海藻類・きのこ類などのビタミンミネラル)をそろえることを心がけましょう。

3.食べ方を意識してみよう

・野菜から食べ始める
太りにくい食事の基本は「べジファースト」です。これを意識するだけで、血糖値の上昇を防げるので、食べても太りにくくなる効果が期待できると言われています。

・ゆっくりよく噛んで食べる
早食いは、満足感を得にくく食べ過ぎてしまうことがあります。よく噛めば満腹中枢が刺激されるので、少ない量でも満足感を感じることができますよ。目安は、一口約20~30回を目標にしてみましょう。具材を大きめカットするなど、調理方法を工夫してみると自然とよく噛むようになりますよ。

4.ちょっぴり運動をしてみよう

適度に運動を行って消費カロリーをアップさせることも意識してみると、よりダイエット効果を上げることができますよ。摂取カロリーよりも消費カロリーが上回る状態が続けば、自然と体重は落ちていくと考えられます◎

まずは、こまめに歩きましょう!エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、徒歩10分程度の場所であれば車は使わず移動をする、ワイパーを使ったフローリング掃除の回数を増やす…などもよいのではないでしょうか?また、いつもより歩く速度を上げてみるのもおすすめです♪生活習慣に取り入れやすく、すぐにでも始められるような運動を無理なく継続ですることが大切です。塵も積もれば山となるように、基礎代謝量を上げることにもつながるかもしれません。

5.たっぷり睡眠をとろう!

「寝ないと太る」といった説を聞いたことはありませんか?その理由は、睡眠時に分泌される成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンは代謝を上げてやせやすい体質作りのサポートをしてくれます。そのため、睡眠不足が続くと成長ホルモンが分泌されず、逆に太りやすい体質を作ってしまうのです。

また、睡眠不足は、食欲に関連するホルモンのバランスを崩す可能性もあるので、食欲が止まらなくなって食べ過ぎてしまうこともあると言います。適切なカロリーコントロールのためにも、質の良い睡眠をしっかり確保することが大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?食生活や普段の生活習慣を少し見直してみるだけで「食べてやせる」こともできるんです。今回ご紹介したことは、今日からでも実践できるような簡単なものばかりですよね。続けていくうちに、確実に変化を実感することができると思います。ぜひ、試してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース