【お腹の脂肪を燃やす!】今から始める「スッキリくびれ」トレーニング方法

なんとかしたい!「ポッコリお腹」にお悩みの方は多いのではないでしょうか。鏡に映るポッコリと出たお腹をどうにかしたくて、本格的にダイエットを始めようという方もいるのでは?そこで今回は、ポッコリお腹をスッキリとしたくびれボディに変身させるエクササイズをご紹介します。

やせてもくびれが出ない?!

くびれを作るために腹筋運動などの筋トレをしているという方は多いのではないでしょうか。しかし、どんなに腹筋をトレーニングしても、くびれがなかなか現れないという方もいるでしょう。実は、くびれを作る筋肉は「腹斜筋」という筋肉で、通常の腹筋運動では鍛えることが難しいと言われています。

腹斜筋ってどこの筋肉?

この腹斜筋は、外腹斜筋、内腹斜筋の2種類の筋肉で構成されています。この腹斜筋は腹部の両サイドに斜めに交差しており、くびれを復活させるには腹斜筋を鍛えることが重要となるでしょう。

歳を重ねるごとに筋力は低下?!

筋力は加齢とともに減少傾向にあります。筋力が低下すると同時に基礎代謝も落ちてしまいます。その結果、やせにくい身体へと繋がってしますのです。

▶【1日たったの5分でくびれが?!】腰回りの脂肪を撃退エクササイズ2選!

オススメなトレーニング方法

どんなに効果的なトレーニングでも、ハードだったり1人でできなかったりすると継続するのは難しいですよね。そこで、1人で簡単に隙間時間でトレーニングできる方法をご紹介します。

ツイスティングクランチ

1.腹筋をするときのように両ひざを立てて仰向けになり、両手を頭の後ろに置きます。
2.上体を起こしながらねじり、ひじとひざを近づけ、ゆっくりと戻します。
3.これを左右交互に行います。

両手を首に置いてしまうと首を痛める原因になってしまうので注意しましょう。また、上体を起こす際は、反動などを使わずにお腹の力で起き上がり、お腹の力で戻るように意識をしましょう。

ツイスト

1.仰向けになって両手を広げ、両足をそろえて床と直角になるように上げます。
2.腹筋を意識しながら、ゆっくりと左右交互に両足を倒していきます。
3.それぞれ10回を2~3セット行いましょう。

このトレーニングを行う際はひざが曲がらないように気をつけましょう。ただし、最初のうちは無理せずにひざを曲げて行っても大丈夫ですよ。慣れてきたら、徐々に足を伸ばして行うようにしましょう。また、この動作も反動を使わず行うことがポイントです。

トレーニングのタイミングは、夜寝る前や、昼食後1〜2時間後がオススメです。

▶まずは1週間チャレンジ! くびれを作る簡単ダイエットの方法とは?

腹斜筋を鍛えることで期待できること

冷え性改善

腹斜筋を鍛えることは、くびれのシェイプアップだけではなく、冷え性の改善にも期待できます。腹斜筋は上半身の筋肉の中でも大きい筋肉です。この腹斜筋を鍛えることで代謝が高まり冷え性の改善に繋がるというわけです。

内臓機能の活性化

内臓の位置が下がっていることでも、ポッコリお腹の原因となる場合があります。また、ポッコリお腹になるだけではなく、消化・吸収機能にも悪影響が出やすいため、便秘や冷え、食欲不振などの症状を招きこともあります。腹斜筋を鍛えることで内臓が正常の位置に戻り、トラブルを解消してくれるでしょう。

姿勢がよくなる

お腹まわりの筋肉は身体を支える重要な筋肉であり、衰えると猫背になったりと姿勢が悪くなる原因にもなります。そこで腹斜筋を鍛えることは、姿勢改善にも役立つのです。

▶【猫背は太るもとってホント!?】改善しなければかえって太りやすくなるかも!?

まとめ

ウェストをスッキリ見せるためには脇腹の筋肉を鍛えることが重要ということがおわかりいただけましたか?普通の腹筋では理想のくびれをゲットできなかったという方も、今回ご紹介した方法なら理想のくびれに近づけるかもしれません!スッキリとしたくびれを目指して、自分の無理のない範囲で継続して続けていきましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース