【ダイエットの味方?!】「舞茸」を食べればツライ食事制限は一切ナシ?!

舞茸は比較的一年中スーパーで手に入る食材の一つで、様々な料理に合う優秀な食材です。実はあまり知られていないのですが、舞茸には美容にも健康にも良い栄養素がたくさんあります。ぜひ、毎日の食事に舞茸を取り入れてみてはいかがでしょうか。

舞茸は万能食材

他のきのこ類と同じく、舞茸は低カロリーな食材としてダイエットにもよく利用されている食材です。旬は9~10月頃と言われており、秋の味覚の代表として親しまれています。舞茸は味にクセがないことから、炊き込みご飯や天ぷら、スープなどの幅広い料理で見かけますよね。100gあたりで約15kcal程ですので、かさましや高カロリー食材の代用として使うだけで、ヘルシーなのに満腹感を満たすことができるでしょう。

舞茸の栄養効果は?

きのこ類の中でも舞茸はナイアシンの含有量がトップクラスです。ナイアシンは3大栄養素である炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝をする際の酵素の補助を行います。また、皮膚や粘膜など細胞の新陳代謝をサポートして、肌トラブルの予防にも繋がります。

▶【目指せマイナス3kg?!】「きのこダイエット」がやっぱりすごい理由って?!

ダイエット効果が抜群?!

食物繊維の力

食物繊維の種類には水溶性と不溶性の2種類あります。この2種類の食物繊維をバランスよくとることが重要だと言われています。舞茸は水溶性食物繊維の方が大半を占めていますが、不溶性食物繊維も含まれていることによって、便秘解消や肥満の原因にもなる血糖値やコレステロール値の抑制する効果が期待できます。

舞茸を調理する際の注意点

■洗わない
舞茸に含まれる成分は水溶性のため、洗わないで調理しましょう。汚れが気になる場合は、清潔なふきんで拭く程度で良いでしょう。

■加熱しすぎない
舞茸の栄養素は熱に弱いため、加熱しすぎるとその効果が失われてしまうこともあります。加熱のしすぎには注意しましょう。

■加熱した際の黒い汁は捨てずに使う
加熱の際に舞茸から出る黒い汁には栄養価がたくさん入っています。ぜひ、捨てずに摂取したいので、全部食べられるスープなどにするといいでしょう。

舞茸を選ぶ際のポイント

舞茸は、ひだに厚みがありシャキッとしているものを選びましょう。また、大株よりも小株の方がひだがシャキッとしているためその食感を楽しめます。逆に歯ざわりを楽しむならば大株の方が良いでしょう。保存方法は、乾燥しないように袋に入れて、冷蔵保存しましょう。食べきれない場合には石づきをとってから冷凍保存も可能です。調理の際には解凍しないでそのまま調理しましょう。

▶【たっぷり食べて脂肪燃焼?!】「きのこスープ」はやっぱりダイエットに効果的?!

舞茸のおすすめレシピ

豚肉と舞茸の豆乳チゲ

舞茸と豚肉はとても相性が良いです。

▶「豚肉と舞茸の豆乳チゲ」レシピはこちら

舞茸とかぼちゃの豆乳グラタン

食物繊維をたっぷり摂ることができ、便秘改善にも繋がります。
また、豆乳を使うことで脂肪分を抑えることもできます!

▶「舞茸とかぼちゃの豆乳グラタン」レシピはこちら

いかがでしたか?

舞茸は美容にも健康にも非常に良い食材です。毎日少量ずつでも、ぜひメニューに取り入れてみて下さい。また、舞茸はアレンジしやすく、色々な料理に使えます。お気に入りの舞茸メニューを探してみて下さい。

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース