【下半身がスルスルやせる!?】ダイエット効果大!「つま先立ちダイエット」の3つのメリットとは?

下半身のダイエットって難しいですよね。「筋トレもマッサージも続かない…」「太ももの脂肪を減らしたいけど、何をしたらいいのかわからない…」そんな方におすすめしたいダイエット方法が【つま先立ちダイエット】です☆食事制限や無理な運動をしなくても、ブヨブヨな下半身を一気に解決してくれると話題になっているんだとか…。今回は【つま先立ちダイエット】について詳しくご紹介していきます!

つま先立ちをするだけでOKってホント?

「つま先立ちダイエット」は、その名の通りつま先で立つだけのダイエット方法です。ダイエットでは、継続が一番のダイエット成功への近道になると言われています。そのため、場所も時間も選ばずにできるつま先立ちダイエットは、とても効果が高いダイエット方法だと言えるのです。「え、本当にそれだけでいいの?」と思う方もいるかもしれませんが、まずはチャレンジしてみませんか?口コミでも、話題となっているそうですよ。

つま先立ちダイエットの3つのダイエット効果って?

効果1:スッキリした下半身をGET!

つま先立ちをするときには、特に鍛えにくいと言われるふくらはぎの筋肉を鍛えることができると言われています。ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、下半身に滞りやすい血液を心臓に送り返すポンプのような役割を果たしています。そのふくらはぎの筋肉が鍛えられれば、下半身をはじめとする全身の血液のめぐりが良くなると同時に、女性が悩みがちなむくみや冷えの解消に役立ってくれます。

効果2:やせやすい体質に変わる

下半身には、全体の約70%もの筋肉が集中していると言われています。つま先立ちでは、下半身の筋肉を鍛えられるため、全体の筋肉量の増加につながると同時に代謝向上にも期待できます。代謝があがれば消費されるエネルギー量も増えるので、いつもと同じ食事量でもやせやすく太りにくくなると言えるでしょう。また、脂肪燃焼がされやすいダイエットしやすい体質作りに役立つと言われています。

効果3:ウエストにも効果あり!?

つま先だけで全身を支えるつま先立ちは、バランスを保とうとすることでウエスト周りにも自然に力が入ると思います。その結果、下半身の筋肉だけではなく、鍛えにくいと言われている体幹にも負荷がかかり、姿勢の改善やポッコリお腹の解消、キレイなウエスト作り、体が疲れにくくなるなどの効果に繋がると言われています。

▶【本気の下半身やせ!】「もも上げ」のダイエット効果がスゴすぎ!!?

どこでもできる!つま先立ちのやり方

【基本編】

1.両足を肩幅の広さに開きます。このとき、ハの字にならぬよう、左右の足は平行にしましょう。
2.ゆっくりとかかとを床から上げていきます。上げられるところまで上げてください。
3.上げきったら10秒~30秒程度キープし、ゆっくりとかかとを下ろします。

※キープ時間は無理のない範囲で試しましょう。慣れてきたらだんだんキープ時間を伸ばすのがおすすめ。1日に3~5セットくらい行うとよいでしょう。また、かかとを上げた姿勢の状態で、歩いてみるのも良いですよ。

【応用編1】負荷を与えてのつま先立ち

1.床に3~5cm程度の本(辞書や雑誌など)を置きます。
2.本の上につま先を乗せます。かかとは乗せないでください。
3.2の状態からかかとをゆっくりと上げていき、つま先とかかとを同じ高さにします。
4.3の状態で5秒キープし、ゆっくりとかかとを下ろします。

※1セット10回を目安に行いましょう。

【応用編2】つま先立ちスクワット

1.足を肩幅程度に開き、そのまま腰を落とすようにしてしゃがみます。
2.しゃがんだ状態から立ち上がり、そのままつま先立ちを3回繰り返します。つま先立ちをする際は、背中を曲げたりお尻を出したりしないよう、注意しましょう。
3.1~2を1セットとし、5セット行います。

▶【1回8秒で下半身デブを卒業!】「肛筋ストレッチ」の驚きの2つの効果とは?

まとめ

毎日のマッサージや筋トレを続けることはなかなか大変ですが、「つま先立ちダイエット」であればいつでもどこでもできるので無理なく続けられそうですよね♪通勤電車やキッチンでの立ち仕事をしながら、あるいはホームの待ち時間など、つま先立ちをするだけで少し気分転換にもなります。地道に続けていれば、ふくらはぎや太ももが鍛えられ、美脚効果を感じることができるはずです。「つま先立ちだけ?」と思わずに、まずは始めてみることが大切ですよ☆

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース