【我慢しなくてOK!】ダイエット中でもクリスマスケーキが食べれる秘密とは?

もうすぐクリスマス!普段はダイエットを頑張っている方でも、クリスマスくらいはケーキを楽しみたいですよね。今回は、太りにくいケーキの選び方やダイエット中でも安心して食べられるケーキのレシピをご紹介します!

ダイエット中には要注意!

高カロリーなケーキのチェックポイント

<要注意なケーキ>
■生クリームたっぷりのデコレーション
■ドライフルーツが多く使われている
■パイ生地やデニッシュ生地が多い
■ナッツ類が多く使われている
■栗やさつまいもが多く使われている
■チョコレートたっぷりで濃厚な味わい
■サイズが大きい

例えば、ショートケーキやモンブラン、ザッハトルテ、ミルフィーユなどは上記の特徴に当てはまるため高カロリーですよね。そのため、ダイエット中には出来るだけ控えて頂くか、召しあがる際には量を調節して食べるようにしましょう。

▶【オーブン不使用】ダイエット中でも食べてOK!クリスマス用レシピまとめ

ダイエット中でも安心♪

カロリー控えめなケーキのチェックポイント

<比較的安心なケーキ>
■生クリームやホイップクリームが少ないデコレーション
生クリームは乳脂肪分や糖質が多く高カロリーですし、口どけが良いため、ついたっぷり食べてしまいがちです。生クリームが使われていないケーキを選ぶだけでもグッとカロリーオフに繋がります。また、ケーキの中に入っているクリームは、生クリームではなくカスタードクリームの方がカロリー控えめなのでオススメですよ。

■生フルーツがたっぷりトッピングされている
ドライフルーツは乾燥している分ボリュームが少ないので、ついたくさん食べてしまいがち。生のフレッシュなフルーツがたっぷりと使われているケーキは満足感がありますし、フルーツが多い分デコレーションの生クリームが少なくなります。また、見た目も華やかになるので、視覚的な満足感もUPします。美容に良いビタミンC豊富な点も嬉しいですね。

■「ずっしり濃厚」ではなく、「ふわふわあっさり」なケーキをチョイス
生クリームやバター、チョコレートなどを多く使ったケーキは、ずっしりと重みがあり、濃厚な味わいです。それに対して、卵や牛乳を多く使ったケーキはふわっと軽い食感で、あっさりとした味わいが特徴。見た目からしてずっしりと濃厚そうなケーキは避け、ふわふわと軽い食感のケーキを選択しましょう。

クリスマスケーキのおすすめのケーキの種類は?

シフォンケーキ

卵白をしっかりと泡立てる事で膨らませるシフォンケーキは、見た目はボリュームがありますがカロリーは比較的に控えめだと言われています。ショートケーキなどのようにケーキの間にクリームを挟まないのも、カロリーを抑えるポイントです。

スフレチーズケーキ

ふわっと軽い食感のスフレチーズケーキは見た目のわりにカロリーは控えめです。デコレーションもあまりしない点も◎ただし、ずっしりと濃厚なベイクドチーズケーキは高カロリーなので注意しましょう。

フルーツタルト

彩りの良いフルーツがたっぷりと使われたタルトは満足感があり、フルーツに含まれるビタミンCも摂る事が出来ます。また、フルーツタルトは生クリームではなくカスタードクリームが使われるため、カロリーを抑えられますよ。

▶【脂肪の吸収を抑える効果も?!】フルーツや飲み物に含まれる○○○○がすごい効果を発揮する?!

手作り派におすすめ!カロリー控えめケーキレシピ

材料4つのクラッカーチーズケーキ

ヨーグルトと低糖ジャムを使った、さっぱりとした味わいのケーキです。少ない材料でできる点も嬉しいですね(^^)

▶「材料4つのクラッカーチーズケーキ」レシピはこちら

ゆずと甘酒のレアチーズケーキ風

エネルギー代謝をサポートする甘酒を使った、自然な甘みのレアチーズケーキです。
ゆずの風味がアクセント☆

▶「ゆずと甘酒のレアチーズケーキ風」レシピはこちら

ダイエット中でも上手にクリスマスケーキを楽しみましょう♪

いかがでしたか?ダイエットの敵と思われているクリスマスケーキですが、選び方を工夫すればダイエット中でも安心してケーキを楽しむ事が出来ます。ぜひ、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース